Here I Am

[NewEntry] [Admin]

カレンダー

12 « 2011-01 « 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

記事分類

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

宮ーooigawa2

管理人  [ 宮ーooigawa2 ]

FC2ブログへようこそ!

RSS

広告

FC2Ad

        --------       スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2011-01-31       1371回目~ 砂を走る




ぐるぐる回って。




DSC_2264かげ 








何を写したって言う写真じゃなくて 何に見えるかって言う写真の方が好き。


後ろの鉄橋を渡る電車の影の流し撮り。


わかるかな・・・


アハハ わからんでもええよ(笑)








近くの川原


今日は忙しいので水漏れの話はまた今度。



















スポンサーサイト

        2011-01-30       1370回目~ えいえんと




えいえんと。




DSC_2456えいえんと









今日は日の出前から近くのチン電を写し


日の出と共に大和川で銀色のステンレスカーを写し


午後になれば 近所の尺さんと一緒に南海汐見橋線木津川駅で写し


近場ばっかだったけど充実した一日になりました。


さぁ 明日からまた仕事!  水漏れの続きはまたいずれ!








近くの川原


















        2011-01-30       1369回目~ 水漏れ損害事故について-2




水に例えてお話します。





DSC_1156水に例えて









水って癒されますよねぇ~


だけど水を敵にまわしますと怖いですよぉ~!


まさに寝耳に水って感じで飛び起きて事務所へ向かって扉をあけると・・・


あれま! シンクの栓が詰まっていてシンクから溢れた水が外壁を伝わって床にこぼれていた・・・。


ん・・・でも そんなに大したことないやんけ。(⌒⌒)v


水は広範囲に床を濡らしているものの いわゆる水を撒いたように見える程度で それほど深刻な状況には見えなかった。


とにかく急いで雑巾に水をしみこませてバケツに搾り出す方法で 玄関の水を除去し始める。


廊下に居てた4人の男のうち2人は手伝ってくれて謝意を述べる。


そう言えばこの4人の男は誰だろう・・・?


そんなことが今更になって気になった。


気が動転していたとは言え 我ながら情けない。


この間 およそ1分にも満たない時間だけど 逆に言えば1分もそこに居る人が誰かを聞く余裕も無かったと言える。


あらためて聞けば この手伝ってくれている二人は大家さんから派遣された業者だと言う・・・。


更に謝意を述べ 残りの2人のことを聞く。


残りの二人は なんと隣の塾の講師と 下のテナント美容院のオーナーだった。




北勢線









以下 いつになるかわかりませんが編集中(笑)









        2011-01-30       1368回目~ 朝練に行ってきました。




今日も朝日。




DSC_2249朝練








近所の川原まで日の出前から朝練に行ってきました


くぅ~~~寒かったぁ(笑)


今日は朝から一日休めます!!!


さぁ~ 何しようかなぁ~~~


漏水事故のご報告はまた後程に!





近所の川原












        2011-01-29       1367回目~ 水漏れ損害事故について




雨降りでも気にしない。





DSC_0392水漏れ








昨日書きそびれましたが 今回起こった漏水事故について書いてみたいと思います。


私は何も知らない世間知らず。


今回のことは とても色んな意味で勉強になりました。


皆さんもいつ起こしてしまうかもしれない 損害事故。


どうかご参考にしていただけたらと思います。








近くのチン電







電話がかかって来たのは ある日曜日の朝10時。


誰からかかって来たのかわからぬまま 事務所から水が漏れてるからすぐ来てくれとのことだった・・・


うちは事務所で水を使うので多少の水漏れの経験があったけど周囲に迷惑を及ぼすようなことは まだ一度も無い。


今回も軽い水漏れ程度だと思い 歩いて8分程度の仕事場への道のりを8分かけてのんびり歩く。


事務所はテナント用に区切られたマンションの2階にあり いつものように階段を上ると見知らぬ男が4人ほど事務所のドアの前でたむろしていた。


そのうちの2人は雑巾を手にしており 私の事務所のドアから漏れ出る水を吸い取ってくれていたことが一目でわかる。


『すみません ご迷惑をおかけしました』 そう言いながらドアの鍵を開けると 『うわぁ・・・・・』


私よりも 周りの人たちが一斉に声を上げた。




以下 いつになるかわかりませんが編集中(笑)









        2011-01-27       1366回目~ 冬の空




雲行き。





DSC_0123custum.jpg









ちょろっと今日はいいことが!


漏水事故の保険金が思ったより出ることがわかりました。


詳しく書こうと思ってましたが あぁ・・・時間が無い。


明日も忙しく・・・ありがたいことです。




















紀州鉄道







        2011-01-26       1365回目~ 寂びた駅ー2




秘境駅。





DSC_1825木津川駅










その駅は 大都会の秘境駅と呼ばれている。



その駅は 大阪市の中心地 難波や天王寺からさほど離れているわけではない。



その駅は 無人駅。



その駅の前には 未だに舗装されていない砂利道があるのみだった。









南海汐見橋線 木津川駅







        2011-01-25       1364回目~ ガード下のエサ




寂びた広告。






DSC_1795仕事 









釣りは魚のおるところに糸を垂らすから釣りになる。



魚がおらんとこに糸垂らしててもエサがただふやけるだけやがな。



それでも人は魚を釣ることを夢見てるんやな。



それが人の生命力。



かっこええがな!








甲殻類の橋の下







        2011-01-24       1363回目~ ノスタルジー





懐かしい映画のようなシルエット。






DSC_1226青列車









2レ







        2011-01-24       1362回目~ 薪




薪。





523i-2.jpg









人は燃えてることが重要かと。



燃えるためにはいつも薪が必要です。



薪は時に 悩みであったり 欲望であったり 後悔であったり・・・。



そんな薪があるだけ幸せかと。









近所の風景







        2011-01-23       1361回目~ 寂びた駅-1




秘境駅。





DSC_2010寂びた駅











その駅は 大都会の秘境駅と呼ばれている。



その駅は 大阪市の中心地 難波や天王寺からさほど離れているわけではない。



その駅は 無人駅。



その駅は 雑草の生い茂る空き地の向こうにポツンと今日も存在している。









南海汐見橋線 木津川駅







        2011-01-22       1360回目~ 至福の影




守るべきもの。






ABC0096oyako.jpg










元の元の元の一番大切なものを守るため親達は頑張ってる。


なぁ~んて偉そうに言ってるけど 何が元で何が一番大切なものなのか日々日常の中でボケてしまって忘れてしまうもの。


いろいろあったりして元の木阿弥に戻っとき人はそれを確実に思い出す。


さて2011年。


最初からこけとったらあかん そろそろ本気で始動しないと!










ある日 交通科学館







        2011-01-21       1359回目~ 冬空の貨車




陽はどこからか射す。





DSC_2047ワラ12










寒い 寒い ある冬の午後。


きっと全国を駆け巡っていたであろう有蓋貨車が何両も置かれてる場所を見つけた。


とび色のワム80000ならけっこう見ることが出来るけど 黒いワラ1は最近どんどん数が少なくなってきたように思う。


おぉ! なんか得した気分。


あはは ワシも鉄やのぉ(笑)










南海汐見橋線 木津川駅界隈











        2011-01-20       1358回目~ 甲殻類の橋




甲殻類の橋の下。






DSC_1778甲殻類の橋の下







今日も色々とあったけど 一切触れないことにします。

こんなとき 笑える想像力を持ってるやつって最強ですわな!



甲殻類の橋の下。

茹でて食ったろか っちゅうより このバカデカイ甲殻類の餌になってしもた気分。。。

笑えんなぁ・・・ 

でも笑えんところが逆に笑えたりして(笑)












南海 汐見橋線



今日もコメ閉鎖 レス休止中!  ごめんなさい。







        2011-01-19       1357回目~ いろいろ




障害。




DSC_1906廃線









まぁ 生きてりゃ色々とありますわ。

先日の土曜日から日曜日にかけて我々不在の間に 我が事務所のシンクから漏水事故発生!

被害は 我社の床下機器及び 隣の塾の絨毯と 階下美容院の天井裏石膏ボード 壁クロス一式と一部の照明機器。

店舗総合保険は入っておりましたが 使えるのは わが事務所内に限り 他所の被害には全く使えません。

現在仕事も忙しく その中で被害を与えてしまった各店舗様との交渉 工務店との打ち合わせ 保険鑑定人との折衝などをしており パソコンに向かうことがほとんど出来ない状況です。

申し訳ありませんが 暫くブログの更新及びお返事のタイミングが不安定な状態になります。

あっ それとコメント欄は申し訳ありませんが 温かい皆様へのお返事が遅れてしまいますので 予め閉じさせていただきます。



曲はあしたのジョーのエンディング。

しぶぅ~(笑)




 








南海 汐見橋線












        2011-01-16       1356回目~ アナログ




消える風景。





DSC_2086滅び行く者達








消えて行く風情は何も鉄道だけに限ったことではありません。



私達の街の中 すぐそばで今記録に残しておかなければならないものがあると思います。



今年はそんな身の回りで見つけたアナログ的な風景を写していこうかと。








近所の風景










        2011-01-16       1355回目~ 潮風の通る駅




海の見える改札口。






DSC_1611海の見える駅










寒い 寒い 1月3日の朝でした。


駅前の水溜りには 久しぶりに見ることの出来た 薄氷。


昔はもっともっと氷が分厚くて・・・


小学校への登校路は ずっと蹴って行けたもんなぁ~


そんな海とは関係ないことをふと思い出し・・・


やっと列車がやって来た 和歌山県の紀勢本線和深駅の出来事でした。











紀勢本線 和深駅










        2011-01-15       1354回目~ この海の向こう




亜米利加まで陸はない。





DSC_1566sono.jpg











この海の沖には それはそれは恐ろしい黒瀬川(黒潮)と言う黒くて流れの速い川が流れています。


エンジンの無い帆船の時代では この流れに乗ってしまうと二度と帰ってこれなかったとか・・・


北前船盛んな江戸末期から明治初期までの時代には ついその奔流に乗せられて遭難してしまった船が多数あります。



この海を・・・  そんな怖い海を 紀州藩に頼まれた材木を筏に仕立てて江戸まで運んだ凄い男が居ます。


淡路の生まれ 名は嘉兵衛 苗字は高田屋。


紀伊國屋文左衛門のみかんと言い この海には商人たる男のロマンが沢山漂っています。


 







紀勢本線 和深駅








        2011-01-14       1353回目~ 冬の跨線橋




1番線・・・きのくに線

2番線・・・海岸線






DSC_1589.jpg











とにかく寒い 1月3日の朝でした。



跨線橋に吹き付ける海風は 無神経にも 刺すように痛くて冷たくて・・・。



那智の滝へ初詣に行った帰りに見つけた なんとも旅情を掻き立てる紀勢本線の駅でした。










紀勢本線 和深駅








        2011-01-13       1352回目~ 時間




海の時間・・・ 人の時間・・・






DSC_1619aaaa.jpg











遠くで海は ざぶんざぶん。

私は駅で さぶぅ~さぶぅ~



それぞれの時間

同じ時間。














紀勢本線 和深駅








        2011-01-11       1351回目~ 初詣に行った朝




岩に名前をつけながら・・・






DSC_1460aaa.jpg








ハハハ 岩に名前をつけながら・・・


ここは和歌山県の串本にあります名勝 橋杭岩。

今年の1月3日の朝に写した日の出のシーンです。



私の家は いつもお正月に和歌山県にあります那智の滝へお参りに行くことにしています。

べつに何かの信仰があるわけじゃないですけど いつもいいことがあるような気がしますので 必ず行くようにしています。

那智の滝に着くのはいつも夜中のこと そしてここ橋杭岩で日の出を見るのが毎年恒例の行事になっています。



皆さんはこの奇岩を見て何を想像するのでしょうね・・・






私はインプラントのアバットメント(人工歯根の上部構造)に見えてたりして・・・(笑)


私は歯を作る仕事をしています。

カッコ悪いから今まであまり表立っては書きませんでしたけどね(笑)

今年は飛躍できる年になれたらいいなぁ・・・


仕事でも写真でも 上手くなるためには真似ることが必要だと思います。

よく真似ることを悪く言う意味で 猿真似だと言いますが あれは大間違い。

真似て学んで それが習得できたならば また次の誰かを真似て学べばいいんじゃないかなと思います。

そんな真似たサンプルを繋ぎ合わせて何か違う物を作れば もうそれは独創です。

今までそんな気持ちで仕事はやって来たつもりです。


今年も真似たいと思う憧れの人を探さないと・・・


そのためには憧れたい人を探すアンテナを 常に貪欲に張っていなければなりませんね。










橋杭岩








        2011-01-01       1350回目~ スタートの日




始動のシルエット





DSC_0774aa.jpg 












皆様こんばんは!



ついに始まってしまいましたねぇ 大井川鉄道の汽笛ー2

初めてお越しいただいた方に申し上げておきますが 

このブログ・・・ 大井川鉄道と銘打って置きながら 大井川鐵道はあまり出てきません (^^;)



大井川鐵道へひょんなことから行くことになり そこで素晴らしい鉄道の魅力を感じ 

それをきっかけに鉄道写真を撮り始めて3年経ちました。



私にとりましてはこの趣味の起源になった鉄道ですから・・・ 

どうしても ブログのタイトルからこの大井川鐵道を外したくなかったんですね(笑)




ついでに表記されてる 鉄と鐵の字の違いについても申し上げておきますね。



最初 大井川鉄道の汽笛 というブログを立ち上げるときパソコンからなかなか鐵と言う字が出てこなかったんです・・・


ご存知の方はご存知だと思うんですが 大井川鉄道の正式な名称は大井川鐵道です。


まぁ これも私らしくていいかな~って思ってそのまま続けた 大井川鉄道の汽笛ですが 

2になった今回も 頑なに大井川鉄道で行こうかと思っています(笑)





ブログを3年も続けてますと色んな方との出会いがありました。

コメントをいただいた方とは ほとんどお会い出来たのも自慢のブログでした。

そこて築かれた皆さんとの絆は私の大切な宝物になりました。



でも 目の前に日々見えてる現実は いつもいつも仕事に追われてる自分が居て・・・

毎回 毎回 いつも楽しい更新が出来たとは言い切れません。





そんな前回の反省を踏まえて今度は今までとは少し違ったブログを目指したいと思っています。





まず お返事する内容を今までよりかなり簡潔にさせていただきます。


これはコメントを下さる皆様に対してとても失礼なことだと思うのですが 

自分がパソコンの前に座っていられる時間はそう多くもなく・・・ 

今までの更新頻度を続けさせていただくためにも苦渋の決断をさせていただくことに致しました。






次に 仕事のことなど 皆様にとりましては面白くないことが記事に書かれることがあります。


ブログをやってて思ったのは 皆様がどう感じるかは別にして 

今自分が考えていることや そうしたいと思ってることをまとめるのにとてもいいツールになると言えること。

まぁ いつもいつも仕事のことをうだうだと書くつもりはありませんが 

以前はちょっとなぁ~ と躊躇していたことも 今回はどんどん書いてみようかと思っています。






それから 過去にアップした写真を 再利用させていただくことがあります。


これは今回に限ったことではありませんが なにぶん撮影へ出かける回数もそう多くもなく 

そこはどうか大目に見ていただければと思う次第でして・・・あはは(^^;)






最後に 鉄道以外の写真をアップすることが多くなるかもしれません。


それは 最近いろんな視点で写真を撮りたくなってきましてね! 

私が撮りたいと思う対象は鉄道だけでは無くなりつつあります。

いろんなジャンルを持つことで より鉄道写真も面白いものになると思います。

まぁ 難しいんですけどねぇ・・・ 

これからは違った視点を磨いてみたいと思っています。





そんなこんなで始まった 大井川鉄道の汽笛ー2ですが これからも末永く今まで通りのお付き合いが出来ればと願っております。




お待たせ致しました 大井川鉄道の汽笛ー2の始まりです。













南海本線








 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。