Here I Am

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
  5. 編集

1689回目~ ♪The Theme From Big Wave




夏を惜しむ日。







DSC_0853lllbest.jpg


















突然ですが 先週の土曜日 大井川沿線の福用の小川へ泳ぎに行ってまいりました。




激務があまりにも続いていて もう嫌気が差して突発的に逃げ出してしまったような出撃でした。




おかげで ずっしりと今週の仕事に影響が出てしまい もう滅茶苦茶な生活リズムで日々を過ごしております。









今回 山陰の旅のご報告を中断したまま 新しい更新をさせていただきました。




いわゆる 季節もののネタですので ご容赦いただければと思います。










いつもご訪問下さってる皆様 申し訳ありません。




当分の間 激務の影響により 更新が滞りがちになります。




なお 山陰のご報告は必ず完結させます。




ご期待下さってる方などいらしゃらないと思いますが もうしばらくお待ち下さいませ。




(拍手欄にいただいたコメントのお返事も もうしばらくお待ち下さいませ)






































大井川鐵道

















お立ち寄り下さいました皆様へ!


只今ブログのコメント受付をこちらの理由により休止しております。

このブログは ブログランキングなどには参加しておりません。
写真が良いと思われたり 記事が面白いと思われたり・・・
そんなときだけでけっこうですので 拍手ボタンを押していただけると嬉しく思います。







スポンサーサイト
  1. 2012/08/30(木) 21:22:20|
  2. 大井川鐵道|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント(-)
  5. 編集

新しいお知らせ でもありませんが・・・

なかなか時間を作れないですね・・・


今年は お得意先様のお盆休みの分散化によって納期がまちまちになってしまい 逆に仕事の流れは激流のように集中してしまいます。


法律で盆休みや正月休みを明確な祝日にしてもらって 皆が同時に休めるといいな~と 私のような稼業の者は思います。


お立ち寄りいただきました皆様には申し訳ありませんが 休止状態は続きます。


本当に詰まらないブログで申し訳ありません。












  1. 2012/08/19(日) 22:39:10|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント(-)
  5. 編集

1688回目~ 五十猛のおじさん 












『ワンカップでいいよっ!』 と そのおじさんは言いました。




『ほら そこの道のぼって右に曲がって ちょっと行ったところで売ってるからさぁ~』




すでに赤ら顔で酔っ払いのおじさんは言うのです。 









この人と出会ったのは かれこれ1時間前になるでしょうか・・・




いわば車が砂浜にスタックしてしまったのを助けてくれた恩人になるのですが 出会いのきっかけなんて 『ふとしたこと』 としか言いようがなく だからこそ一人旅は楽しいと思うのです。














ここで一言つぶやきます・・・。




紀行文を書くとき 私の場合 結局は長文になってしまい このおじさんのイメージはボケてしまいます・・・。




本当はおじさんのことだけを書けばいいのでしょうが でも もう少し おじさんの登場は後にしたいと思うのです。




なぜだかうまく言えませんが どうしても出会う前から書き始めたいと思うのです。




書いたとしても たぶん おじさんとの出会いを大きく印象付ける対比にはなりません。









ただ 確か小学校のときの先生が言った言葉が私の耳に残ります。




『夏休みの作文を書こうと思えば まずは 頭の中にそのときの映像を浮かべなさい』




『後はその実況中継をすればいいのです』  と。














DSC_9769aa.jpg













日が高くなると共に私は 撮影に飽きてしまって 島根県の大田市五十猛町にある 和田珍味というお店で 朝昼兼用の食事をしていました。




なぜ観光客相手の干物屋さんで食事をしているかといえば・・・




やはり理由が無くて困ってしまいます。




まぁ 気まぐれだとしか言いようがありませんが ともかく引き寄せられるがまま 気がついたらお店に入っておりました(笑)




しかし この気まぐれが 大正解!




奥には日本海を眺めながら軽食が出来るコーナーがありまして メニューにあった 【白いかたっぷり いか焼 たまご入り】400円 を注文します。




うははははははは なんじゃこの美味しさは!!!




大阪では阪神百貨店のいか焼きが有名です。




しかし ここのはその比ではありません。




悪いけど阪神百貨店の方が負けてます。




何と言っても ここのいか焼きは いかの旨味でぎっしりです。




何と! いかの身に加えて いかのミンチが入っているそうで ボリュームと共に味は抜群でありました。














DSC_9778aa.jpg














少し空が白くなってますが 日本海のビューポイントとしても ここは最高の場所でありました。




日本海の夕焼けを求めて 多くのカメラマンがこの店に来るそうです。




とりあえず山陰線も 真横を走っていたりします(笑)









冷えた どくだみ茶が呑み放題でした。




まったりと時間をつぶしてここで居座ります。




【ふぐだし茶漬け】680円も魅力的でしたが お値段も張りますし それよりいか焼きのボリュームが凄くて食欲がありませんでした。




お店には 次々と人がやって来て活気がありました。




何やら この下の漁村を見て歩く観光ツアーをサービスでやっているらしく それを目的で多くの人が集まって来ているのです。









いや 正直凄いと思いました。




このお店に入ったとき 決して ふぐの味醂干しや 燻製や かまぼこ などの商品を お買い得なお値段だとは思いませんでした。




でも さっきのいか焼きの味や こういった集客努力をしてるお店の姿勢を見て 私はその店のお値段に 本物である信頼と納得を感じました。




私は 『頑張ってる』 を感じるお店が大好きです。




JALを復興した経営の神様 稲盛和夫氏が言ってます。




『安さを勝負にしているところは他所に任せましょう』




『私たちは それ以上高ければ注文が逃げるという このギリギリの一点で工夫をし そこで生き抜き 商売をしなければならない』  と。














DSC_9792aa2.jpg














まぁ きっかけは それで海岸線に下りてみたのです。




きっとツアーになるぐらいだから 魅力的な場所だと思ったのです。




いや この辺りの海岸線はどこも同じく魅力的に満ち溢れてる景色が続いています。




ですが この干物屋さんが私の背中を押してくれたのです。




だから 下りてみたいと思ったのです。














DSC_9788bbb2.jpg














下りてみれば トンビが空高く輪を描いてるような 長閑な漁港がありました。




競りの終わった魚市場では すでに後片付けも終わっていて人気も無く 辺りには ぽつん ぽつん と 活気のない釣り人たちが糸を垂らしているだけでした。




そんな悠長な午後の時間が心地良く 暑ささえなければいつまでもそこで昼寝でもしていたいような時間が流れます。









しばらくして・・・




そんな長閑な漁村を 一台の活気に満ちたトラックが 走って行きました。




緑の車体にクロネコの図柄 皆様ご存知 宅急便のトラックです。




トラックは 細い路地をくねくねと進み やがて曲がって下りてゆき その視線の奥に広がる白い海岸線をすっ飛ぶように走って行きました。














DSC_9798jjj.jpg














思えば その宅急便のトラックが罠だったのかもしれません。




別に宅急便のトラックが悪いわけではありませんが・・・(笑)




私は急に取り付かれたようにトラックの行った道を進み 白い海岸線に出てみたのです。









白い海岸線は 先ほどの珍味屋の加工工場がある他は 何もない場所でした。




とっても気持ちがいい場所だったので 私は少し舗装道路から逸れて記念写真を撮ることにしたのです。














DSC_9801lll.jpg














実際 ほんの少し逸れただけのつもりでした。




砂には薄っすらと轍もありましたし 草も生えて固そうでしたので つい舗装道路から砂浜に入ってしまっていたのです。




あはははは なんと 車はスタックしてしまい 前にも後ろにも進みません。




こうなればどんどん車が沈んでいくばかりで 車から降りたときの足の接地距離の低さに びっくりしてしまいました。









うまく説明出来ませんが 気分は とっても楽しく楽観的でありました。




古いワーゲンに乗っていたときに こんなことは山ほど経験してきたのでそう思える余裕があったのかもしれません。




ともかく私は砂から脱出するべく タイヤの下にかませる板切れを探します。




珍味屋の加工工場はお休みで無人です。




その隣の小屋に そのおじさんは居てたのです。














































 






























































山陰線

















お立ち寄り下さいました皆様へ!


只今ブログのコメント受付をこちらの理由により休止しております。

このブログは ブログランキングなどには参加しておりません。
写真が良いと思われたり 記事が面白いと思われたり・・・
そんなときだけでけっこうですので 拍手ボタンを押していただけると嬉しく思います。







  1. 2012/08/19(日) 22:36:53|
  2. JR 山陰本線 播但線 姫新線 因美線|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント(-)
  5. 編集

1687回目~ ♪Knocking on Heaven's Door




疎雨孤舟。







DSC_9730b2.jpg














さっきから 降ったり止んだりの詰まらない雨が落ちていました。




眼下には美しい日本海の眺望が広がります。




なのに 雨は落ちた瞬間に蒸発し 辺りは不快な蒸し暑さに包まれてしまっているのです。




ここも いい風が吹けばさぞ涼しかろうと想像してるうち・・・ 




やがて とびうおの様な一艘の舟が 西へ向かって素っ跳んで行くのでした。














ここは戦国期以来 出雲と石見を結ぶ交通の要衝として関所が設けられていた島津屋と呼ばれる集落です。




出雲市多伎町田儀から田儀川を渡り 対向の難しい山手への細い道を我慢して車で進むと やがて思い出したように小さな集落が現れます。




そこは まるで私たちがイメージする『山陰』を象徴するような場所でした。




弁当忘れても傘忘れるな・・・




さっきからの忌々しい疎雨が そのイメージをこの地で 更に加速させているのでした。














DSC_9745ss2.jpg














細いカーブの先には 静かに大きく 日本海が広がっていました。




まさにウキウキしてしまう様なカーブで この道の先はいったいどこまで続くのだろうと思うのでした。









ここは 『島津屋口番所』という関所が置かれた場所でした。




そのカーブの根元に見える石碑には 江戸時代において 朝6時から夕6時までを通行時間として許されていたと説明されています。




このような『関』のある道には 必ず古からのロマンが存在します。




道は当時からこの狭さだったのだろうか・・・




どんな物流があったのだろうか・・・




どんな人物が通ったのであろうか・・・




もしかすると水戸黄門も通ったのかもしれない とか・・・(笑)









江戸時代においてここは 石見銀山の繁栄に伴い 出雲松平藩と天領の石見銀山領との関所とされ いわば徳川家同士が隣接する平和的な関所でありました。




しかし戦国時代では 出雲の尼子氏 石見の毛利氏という歴史好きにはたまらない戦国大名が対峙していた場所であり ここはずばり 油断のならない軍事的な要衝でもありました。




かつては 兵糧になる米・塩・みそ・酒などや 鉄などの軍需資源について移出禁止されていた島津屋の関番所・・・。




今では この下の海岸で採れた岩のりが 『島津屋海苔』として大田市の名産品となって平和な時代の今を楽しませてくれています。





































山陰線

















お立ち寄り下さいました皆様へ!


只今ブログのコメント受付をこちらの理由により休止しております。

このブログは ブログランキングなどには参加しておりません。
写真が良いと思われたり 記事が面白いと思われたり・・・
そんなときだけでけっこうですので 拍手ボタンを押していただけると嬉しく思います。







  1. 2012/08/13(月) 03:47:17|
  2. JR 山陰本線 播但線 姫新線 因美線|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント(-)
  5. 編集

1686回目~ 田儀の朝






何だか 目まぐるしく日々が過ぎていきます。




いつのまにか盛夏も終わりつつあるように感じられ 私が仕事場に向かう時間帯では 運が良ければ東の空に冬の星座であるオリオン座が輝いています。




山陰の旅から帰ってもうすぐ一ヶ月・・・




何も変わらない毎日に これでいいのかなと思う反面 これもいいのだろうと思える自分を発見したりします。









よくイタリア人は 陽気で明るくて楽しいけれど いい加減で仕事をサボる人種だと思われてます。




でもそれは誤解で けっこう忙しく働いてる人も多いと・・・実際は聞いたりもします。




少し大雑把な統計によれば日本人の約8割はサラリーマンで 一方イタリア人の約8割は自営業者だとか・・・




例えば イタリア人の店主は 自由に好きな時にお店を閉めてしまうそうなんです。




バカンスになれば平気で1ヶ月も店を閉じますし 子供のお迎えが必要な場合は『すぐ戻ります』なんてメモを入り口に貼ってちょっと外出したりすることもありなんです。。。




もちろん突然カフェが飲みたくなったという理由でも・・・笑笑笑




だいたい昼寝の習慣シエスタがあるのがいいよなぁ~!




人間が楽しく自由に仕事をしていこうと思えば これぐらいの『余裕』は必要なんでしょうね。









一方イタリア人の店主は 自己責任で自由に仕事をサボれる反面 仕事をしなければ食ってはいけません。




なので結局どこかで忙しく つじつまを合わせるように働かなければいけないのです。




つまり彼らは 『楽しく生きるために仕事をしている』 のであって 決して 『仕事をするために生きている』 のではないんですよね。




そんな意味でイタリア人のメリハリのある賢い生き方に憧れます。




まぁ風土の違いというか文化の違いがあって私達の世界ではこのハードルを乗り越えるのはとても難しいのではあるのですが・・・。




でも考え方としてはいつも忘れずに心のどこかに留めておきたいと思うのです。














DSC_9583aaaa.jpg














映画『未知との遭遇』に出てきたUFOの様な 軌道検測車と出会った踏み切りは 朝になって明るくなれば少し平凡さの増す 普通の踏み切りになっていました。




枯れた紫陽花の横にはお地蔵さん・・・ 生気の欠けた蜘蛛の巣がかかったままの踏み切りの警報機・・・




明るくなって見えてしまえば どれも あまり写欲の湧いて来る被写体にはなりません。




そこで少し高台へ上がってみることにしました。




6時20分過ぎ・・・ 朝一番の下り列車がやって来ます。




今日の始まりを漠然と感じる朝でもあり それなりに高揚感はありました。 




でも 水蒸気という湿度を感じる風を浴び過ぎたせいか 少し気だるい虚脱感の広がる朝でもありました。














DSC_9703aaa.jpg














そこで目を覚ます意味もあって車を置いて 辺りを散策してみるととに致しました。




国道9号線を東へ歩き 途中海に降りられそうな道があったり 旧道とみられる道があれば出来るだけそこを通ります。




やはり人の生活を感じる街を歩くのはいいものです。




昔ながらの狭い路地裏があるかと思えば 新築の家にサーフボードが置かれたりしていて この町の元気さを感じます。




途中 犬に吼えられたりしながら再び国道に戻り 小田漁港を見下ろせる場所で列車の来る時間だと知りカメラを取り出し一枚写します。




来た列車はもう居なくなってると思っていた国鉄型。




サイドビューがキハ20などと比べて少し複雑で 私にはそこが美しいと思える車両でしたが 改造によってディテールが変わり少し魅力が薄れてしまったように感じます。




でも通称タラコ色と呼ばれる朱色5号の国鉄色を登場以来ずっと守ってきた米子の車です。




各地のイベント用に塗装復活された車両とは違うところに 強く好感を持てたりするのです。 




続く・・・



















本日よりお盆休みに入りました。




何日かは お盆期間中も診療をされてるお得意先様があって仕事場に向かわなくてはなりませんが 4日間も連続してお休みをいただくのは久しぶりです!!!




更新は義務感を持たずにしたいのでどうなるかわかりませんが 少しはペースが上がるかと思います。




いつも足跡を残して見に来て下さってる方が居たり 拍手をして下さってる方がいらっしゃって本当に感謝しております。




まったくご期待に沿える内容の記事など書いたりすることは出来ませんが 皆様のおかげでブログを続けさせていただいております。




本当にありがとうございました。

















山陰線













お立ち寄り下さいました皆様へ!


只今ブログのコメント受付をこちらの理由により休止しております。

このブログは ブログランキングなどには参加しておりません。
写真が良いと思われたり 記事が面白いと思われたり・・・
そんなときだけでけっこうですので 拍手ボタンを押していただけると嬉しく思います。







  1. 2012/08/12(日) 04:18:23|
  2. JR 山陰本線 播但線 姫新線 因美線|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント(-)
  5. 編集

お知らせ

昨日は私事ですが私の誕生日でした。
家族が祝ってくれると言うんで夕刻から仕事場を抜け出して近所の居酒屋に!(^○^)

家族と行く居酒屋は初めてだったので 子供達はどうかなと思ってたんですが メニューが気に入ったようで喰うわ喰うわ(笑)

会計のときビックリしてしまいましたが まあ思いっきり笑って過ごせたんでめちゃくちゃ幸せでした。

それからまた帰社してお仕事開始!
( ̄▽ ̄;)あはは。
酔っ払いがやったお仕事 大丈夫やろか・・・

ともかくそんなこんなで更新お休みしとります~(-_-;)

ごめんなさいm(__)m

  1. 2012/08/06(月) 03:38:03|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント(-)
  5. 編集

お知らせ

いつもお立ち寄りくださいましてありがとうございます。
只今 盆休み前の繁忙期に突入しておりまして更新を休止させていただいております。

申し訳ありませんが週末には更新出来ればと考えております。

  1. 2012/08/02(木) 03:54:30|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント(-)
  5. 編集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。