Here I Am

[NewEntry] [Admin]

カレンダー

08 « 2012-09 « 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

記事分類

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

宮ーooigawa2

管理人  [ 宮ーooigawa2 ]

FC2ブログへようこそ!

RSS

広告

FC2Ad

        2012-09-30       1704回目~ ♪ファイト!




闘う人。







DSC_0255bbb2.jpg




















なかなか忙しくてブログまでたどり着けません・・・。




休めなかったり 自分の時間を作れない状況が続いているのは自己管理の甘さもあると思うのですが・・・




やはり今の時代 『いらない』 と顧客から思われないためには 日々のお付き合いは勿論のこと 何がしの工夫だったり 提供できる知識を多く仕入れる努力は欠かせないものです。




でも知識武装されて賢くなりすぎるのも考えものでして・・・ 




『こんな施術は過去の物・・・』 『臨床術式にそぐわない・・・』 『はたしてグローバルスタンダードなのか・・・』 
 



要するに 自分が手に入れた知識が増えれば増えるほど 自分の創作の範囲を狭くして行き 結局身動きが取れなくなってくるのです。




仕事の勘が鈍っている・・・・




あきませんな。




写真もきっと同じなのかもしれません。




感性を邪魔する知識は ほどほどに。









しばらく 更新の間隔が空きます。









































大鐵

















お立ち寄り下さいました皆様へ!


只今ブログのコメント受付をこちらの理由により休止しております。

このブログは ブログランキングなどには参加しておりません。
写真が良いと思われたり 記事が面白いと思われたり・・・
そんなときだけでけっこうですので 拍手ボタンを押していただけると嬉しく思います。





        2012-09-25       1703回目~ ♪イメージの詩




イメージの詩







DSC_6427df.jpg








































近くのチン電

















お立ち寄り下さいました皆様へ!


只今ブログのコメント受付をこちらの理由により休止しております。

このブログは ブログランキングなどには参加しておりません。
写真が良いと思われたり 記事が面白いと思われたり・・・
そんなときだけでけっこうですので 拍手ボタンを押していただけると嬉しく思います。





        2012-09-25       1702回目~ ♪生きてることが辛いなら




大きな幸せを眺めています。







DSC_0368kko.jpg
















































湖西線

















お立ち寄り下さいました皆様へ!


只今ブログのコメント受付をこちらの理由により休止しております。

このブログは ブログランキングなどには参加しておりません。
写真が良いと思われたり 記事が面白いと思われたり・・・
そんなときだけでけっこうですので 拍手ボタンを押していただけると嬉しく思います。





        2012-09-24       1701回目~ ♪夏の終わり




空色の空の下







DSC_6760kiki.jpg









































紀勢本線

















お立ち寄り下さいました皆様へ!


只今ブログのコメント受付をこちらの理由により休止しております。

このブログは ブログランキングなどには参加しておりません。
写真が良いと思われたり 記事が面白いと思われたり・・・
そんなときだけでけっこうですので 拍手ボタンを押していただけると嬉しく思います。





        2012-09-23       1700回目~ 青の休暇




青の休暇







DSC_6891kki.jpg


















紀勢本線

















お立ち寄り下さいました皆様へ!


只今ブログのコメント受付をこちらの理由により休止しております。

このブログは ブログランキングなどには参加しておりません。
写真が良いと思われたり 記事が面白いと思われたり・・・
そんなときだけでけっこうですので 拍手ボタンを押していただけると嬉しく思います。





        2012-09-17       1699回目~ ♪人間みな兄弟




ディーゼルカーで割ったお酒です。







DSC_0636lll2.jpg







DSC_0609lll2.jpg







DSC_0610lll.jpg



















紀州のソウルトレインは 夜になれば まるで行きつけの酒屋のような雰囲気に・・・




揺れる車内で つり革が心地良く揺れていて・・・




板一枚下では エンジンが心地良く暴れていて・・・




お空のお月様では トンボが心地良く遊泳中。









懐かしいサントリーのCM曲 人間みな兄弟にのせて。








































紀州鉄道

















お立ち寄り下さいました皆様へ!


只今ブログのコメント受付をこちらの理由により休止しております。

このブログは ブログランキングなどには参加しておりません。
写真が良いと思われたり 記事が面白いと思われたり・・・
そんなときだけでけっこうですので 拍手ボタンを押していただけると嬉しく思います。





        2012-09-17       1698回目~ ♪You're Beautiful




寂しい海も また海です。







DSC_9985xxx3.jpg






















































山陰本線

















お立ち寄り下さいました皆様へ!


只今ブログのコメント受付をこちらの理由により休止しております。

このブログは ブログランキングなどには参加しておりません。
写真が良いと思われたり 記事が面白いと思われたり・・・
そんなときだけでけっこうですので 拍手ボタンを押していただけると嬉しく思います。





        2012-09-16       1697回目~ ♪ひだまりの詩




日の匂い。







DSC_7282忘却の窓2














ええよねぇ・・・




布団を干して 取り入れてすぐの匂い。




あれ何で あんな温かくて落ち着く匂いがするんやろ?




匂いを写真に撮れたらええのになぁ。














ABC_0123ロングシート










































片上鉄道

















お立ち寄り下さいました皆様へ!


只今ブログのコメント受付をこちらの理由により休止しております。

このブログは ブログランキングなどには参加しておりません。
写真が良いと思われたり 記事が面白いと思われたり・・・
そんなときだけでけっこうですので 拍手ボタンを押していただけると嬉しく思います。





        2012-09-16       1696回目~ ♪The Last Resort




閑景寂寂







12445llo.jpg




















































津軽鉄道 昔の写真

















お立ち寄り下さいました皆様へ!


只今ブログのコメント受付をこちらの理由により休止しております。

このブログは ブログランキングなどには参加しておりません。
写真が良いと思われたり 記事が面白いと思われたり・・・
そんなときだけでけっこうですので 拍手ボタンを押していただけると嬉しく思います。





        2012-09-14       1695回目~ ♪LOVELAND, ISLAND




夏を惜しむ日。 version-4







DSC_0507kki.jpg



DSC_0787kdf.jpg














ミナsummer  コンバンハ!




もう夏も終わりですね・・・




っちゅうても まだ くそ暑いですが。









大井川の一連の水中写真は・・・




あはは~  




まぁ からくりや言うても大したことありませんが 水槽の中にカメラを入れて写しています。




いちおう アクリルやなしに 透過性の良いガラスを選び 反射防止に黒い緩衝用のウレタンなどを貼ってますが・・・









笑笑笑 まっ 失敗の連続でした。




何せ 外気温に比べ水が冷たいせいか ガラスが曇る 曇る・・・(笑)




でも 何となくコツを掴めたような気がしますので 次回はもう少し面白い画が撮れるかも!









でも もうシーズンオフやしね。。。




金魚でも飼いますわ(笑)














DSC_0570kgb.jpg





















































大井川鐵道

















お立ち寄り下さいました皆様へ!


只今ブログのコメント受付をこちらの理由により休止しております。

このブログは ブログランキングなどには参加しておりません。
写真が良いと思われたり 記事が面白いと思われたり・・・
そんなときだけでけっこうですので 拍手ボタンを押していただけると嬉しく思います。





        2012-09-12       1694回目~ ♪Magic Ways




夏を惜しむ日。 version-3







DSC_0478aa.jpg




















































大井川鐵道

















お立ち寄り下さいました皆様へ!


只今ブログのコメント受付をこちらの理由により休止しております。

このブログは ブログランキングなどには参加しておりません。
写真が良いと思われたり 記事が面白いと思われたり・・・
そんなときだけでけっこうですので 拍手ボタンを押していただけると嬉しく思います。





        2012-09-09       1693回目~ ♪Bridge Over Troubled Water




しばらく 座っていたいと思うのです。









DSC_9884kkk2.jpg
















さっきから とても騒がしい風が ざわざわと吹き続けていました。




風は川原の草をなぎ倒すほどに強く 音を立てて暴れながら すっ飛んでゆくように 海に向かって吹き続けていました。




でもその風は 暴力的と言うよりは あくまでも優しいイメージで 吹いていて・・・




空には沢山の赤とんぼが その風を楽しむように乱舞していて そんな風景が この地の暴れる風を 長閑で平和な日常の出来事のように感じさせてくれているのでした。 














私たちは出会ってからもう40分以上もここで座って話をしています。




時に笑い 時に黙り 思い出しながら話すようなスローな会話を続けて やがて列車が来るまでの時間を贅沢に過ごすのです。














出雲市からここまで こんなに遠いとは思わなかったなぁ~ と私が言えば  ぽつり一言 『島根は長いよ』 とおじぃさん。




夏色の海が とっても綺麗だったなぁ~ と私が言えば  ぽそり 『冬は辛いよ』 とおじぃさん。




決して大きな声で話すのではなく 風の吹く合い間・合い間に 『ぽつり』 『ぽそり』 と話してくれるのが このおじぃさんの特徴でした。














DSC_0016ggg2.jpg















上品な言葉使いと程良い方言を入り混ぜながら おじぃさんは 温かく そして ゆっくりと話しを続けてくれました。




『この海で遭難すれば みんな風で沖に流されます』 




『でも沖からは西風に流されて いつしか出雲に漂着しよるんです』 




要するに日本海で遭難すれば 日本列島は曲がってるから無事に生還できると言う おじぃさん。




ほんまですかぁ~ 島根は長いっすよ~ と私が言うと   『ははは そうじゃ さっきそう言うちょったの』 と笑う おじぃさん。














おじぃさんは この橋《惣郷川橋梁》 が完成する3年前 昭和4年にこの地でお生まれになりました。




3歳で見た記憶は曖昧だとのことですが ここの狭窄された狭い土地にクレーンが所狭しと立ち並び 大勢の人たちが働いていたと仰います。




このおじぃさんは お父様から聞いたという とんでもない逸話を話して下さいました。




この橋は 急いで建設されたために鉄筋が足らず 2箇所ほど そのままコンクリートを流して完成してしまった所があるとのこと・・・




えっ! と聞き返すと 『父が言うんじゃから 間違いないじゃろ』 と・・・




まぁ 今まで事故も無いし・・・ と私が言えば  『そう 大丈夫』 と一言 おじぃさん・・・。














本当にゆるりとした時間が流れていき 話は尽きることなく続きました。




小学生時代には80人もの同級生が居て 村には沢山の子供たちが遊んでいたと言う話・・・。




戦争の話と 戦後の話・・・。




半農半漁の生活の話 離れていく人の話 続ける人の話・・・。




写真を撮りに来る人の話 汽車が走っていた頃の話 客車が長かった頃の話 そして今の話・・・。













DSC_9922xxaaa.jpg













やがて自然に2人の会話が尽きはじめ いつしか風の音だけになった頃・・・




なんとも列車は あっけなく このコンクリート橋を渡りました。




一両ですね と一言私がつぶやけば  『あぁ 一両だ・・・』 と ぽつり一言 おじぃさん。



















旅は本当に予定を立てないで行くのが一番面白いんじゃないかなと思います。




私は 全くこんな遠いところまで行くと思わずに大阪を出発しています。




恥ずかしい話 この橋の存在は雑誌などで見て知っていましたが 大体どこにあるのか そして この橋の名前さえ知らずにここにたどり着いています。




この旅で出会った人たちのことは いつまでも鮮明に記憶に残ることでしょう。




こんな後味のいい旅が出来たからこそ また旅に出たいと思うのです。


































山陰本線 惣郷川橋梁 (全ての承諾を得て掲載)

















お立ち寄り下さいました皆様へ!


只今ブログのコメント受付をこちらの理由により休止しております。

このブログは ブログランキングなどには参加しておりません。
写真が良いと思われたり 記事が面白いと思われたり・・・
そんなときだけでけっこうですので 拍手ボタンを押していただけると嬉しく思います。















        2012-09-09       1692回目~ 自転車の青年 












どうもご無沙汰です・・・




あはは なんか週一のペースの更新になってくると 書き始めるのが照れくさいな・・・




毎回同じ事ばかり書いてるかもしれませんが  まっ 今週も徹夜なんかもあって大忙しの一週間でした。









そうだなぁ・・・




うまく表現出来るかどうかわからないけど お昼時の中華料理屋さんの 激闘の厨房の状態が ずっと続いてると言った感じでしょうか・・・









『エンザ定 イ~ガ~!!  コ~テル定 リャンガ~!!  ソ~ハン サンガ~!!』




あはは これ 何かわかります?




エンザ定は 唐揚げ定食  コ~テル定は 餃子定食  ソ~ハンは 焼き飯 




そんで イ~ガ~は 一人前  リャンガ~は 二人前  サンガ~は 三人前ね。




これは 餃子の王将の調理人達が厨房で使う 専門用語です。




ガ~シャ ガ~シャ ガ~シャ と フライパンをゆする音に混じって調理人たちがが忙しく走り回り そんな注文の専門用語が怒号のように 飛び交っている・・・




つまり そんな感じの仕事場が一日中続き そして それが一週間続き さらに大した休みも無く また次の一週間が始まります。




疲れたな・・・



















DSC_9812ddd.jpg


△画像は折居駅近くの踏切と思われます 笑~



















さてさて ばやいていても始まりません。




本日は昼まで休み 午後から出勤です。




今日は ずう~~~っと遅れてしまってる山陰の旅のご報告の続きを書くことに致します。




もう2ヶ月も引っ張ってしまってますので もう忘れてしまってるところもあるように思います(笑)




ただ 印象的だった最後に書くつもりの記事は 最初にほぼ書き終えておりまして 実はいつでもアップできる用意だけは終えているのです。




でも 途中の旅の表現と言うか 文章の組み立てが難しい・・・









これもうまく表現出来るかどうかわからないけど 何だか野球のピッチャーの配球に似ているような気がします。




いわゆる『決め球』(自分のは大した決め球ではないですが・・・) というのが用意してあって それを生かすには 一投目 二投目 と 誘い玉のように投げる球の工夫が必要です。 




別に気負う必要は無いと思うのですが その組み立て如何によっては 結果が違ってしまうような気がします。




ともかく 文章を書くと言うことは とても難しいと思いました。




もともと アホだし 勉強して来なかったし 能力も才能もありません。




更に時間も無いと言う状態なので 何で始めてしまったのか 今さらながら バカだなぁ~ なんて後悔をしています(笑)




まっ やり始めてしまったことですしねぇ・・・




ともかく 最後までは恥ずかしながら書いてみたいと思います。



















DSC_9824llo.jpg



△画像は益田駅近くの海岸線だと思われます 笑~



















五十猛のおじさんの 『ワンカップでいいよ』 と言う言葉を聞いてから 私は なんとなく心が開放されたような気分になりました。




このおじさんの一言には おじさんなりの温かい気遣いが含まれていたように思います。




まぁ 南国風のおおらかさみたいなものを感じられたと言えるのかもしれません。




つまり 急がないと と焦ってるのは自分だけなことに気付きました。




おじさんにとっては別にどうでもよく おじさんには別の時間が流れていて そして それが伝染してくるように私にも感じられたのです。




何だか急に それから見た海の景色は少し違って見えました。









そこからの旅は 以前みたいに『何かをしないと』 と言う旅ではなく 何もしない開放感に溢れた自由な旅になりました。




もともと誰にも気を遣う必要の無い一人旅でしたから 開放的な気分を味わうには十分でした。




でも この五十猛のおじさんと出会ってからの時間の流れ方は以前とは違って遅く感じられて 少なくとも『何かをしなくては後悔をするんじゃないか』 という気分が一切消えて無くなってしまったように思うのです。








本当にボケ~ っと流されるように旅を続けていたように思います。 




適当に車を西へ走らせ 道路から見える線路と海を眺めながら いい場所があれば 近くに車を停めて携帯電話を使って列車の時刻を調べます。




今は便利な時代で 携帯電話がGPSを使って最寄り駅を割り出し 駅の時刻表が表示されるのです。














DSC_9855ddd2.jpg














本当に便利な時代になりました。




ただこの場所が どの駅と どの駅との間だったか忘れてしまいました・・・




便利すぎると記憶に残らないものなのかもしれません。




もしかしたら有名な撮影地かもしれません。




ともかくビーチからは 潮騒の音に混じって 子供達のはしゃぐ声などが聞こえてきて とっても気持ちのいい場所でありました。














そして これを写してるとき 私に声をかけてきた人が居たのです。




彼は自転車に乗ってる青年でした。




年の頃は24~25歳って言ったところでしょうか。




なかなかの シュッとした男前で 例えて言えば 漫画の『ONE PIECE』に登場する ロロノア・ゾロ のような目つきの鋭い人物でありました。










あはは ロロノア・ゾロって知ってます?




彼は 自転車で独り名古屋から九州を周り そして山陰を通って名古屋に帰る途中にありました。




もともと関西育ちだったとのことで 話題に笑いが多く 真っ黒に日焼けしていた笑顔からは歯が白く爽やかに輝いていたのが印象的でした。









まぁ 彼と私とはまったく比べようもない旅でしたが・・・




お互い開放的な気分にあったからか 人恋しさが募る一人旅の途中にあったせいか もう二人は喋る~喋る~(笑) 一時間は木陰で話を続けていたかと思います。



あんまり盛り上がったんで 連絡先を交換して一旦別れ その日の夜は 大田市の大阪王将で合流して一緒に晩飯を食べました。




あはは この旅の前夜も私は出雲市の大阪王将で晩飯を食べてますが・・・(笑)




まぁ彼の希望だったし 他に店もなかったので選択肢はありません。









夜 彼と会って食事してる時の印象ですが 彼は 何に対しても『おもろいですやん』 と言うのが口癖のような人でした。




口癖と言っていいのかどうかわからないけど 感受性が豊かと言うか 考え方がポジティブと言うか 何に対しても面白く感じ そしてそれを さらっと言い放ってしまうのが彼の凄いところだと思いました。




彼は 去年の春に勤めていた会社を 規定外の若さでリストラの対象になってしまい辞めさせられてしまいます。




皆から羨望され 将来を約束されたように言われた大きな企業に就職したばかりでしたが この長期に亘る円高の影響を受けてしまい どうしても避けられなかったのだと言うのです。




普通は40代からを対象に希望退職者を募るとのことらしいのですが 彼は余剰人員として処理され 実質は指名退職に近い形で会社を去ることになるのです。




本当に辛いことだったと思います。  




でも彼は 自分のそんな運命に対しても 『おもろいですやん』 と一言で済ましてしまうのです。









世の中には 彼だけでなく全ての人間を対象として 理不尽なことに溢れています。




私にも皆さんにも 大なり小なり生きていれば理不尽なことが当たり前のように降りかかるのが日常です。




私の歳になれば 結局はそれを処理していく能力が無ければこの世は生き抜いていけないものだと悟ってはいたつもりです。




でも彼にとっての理不尽は 夕立にあって濡れてしまったほどにしか感じないのかもしれません。









彼との夕食は 下品な旅のバカ話などで盛り上がり 本当に楽しい時間を過ごすことが出来ました。




何だか親子ほども歳の離れてる彼に 人間の大きさを感じされられたような気がしました。




私としては 自分の小ささを恥じ 彼の食事代をおごることで せめてもの体裁を保てたような形でした(笑)




あはは 情けないなぁ~と思うものの やっぱり旅をすることは いいものだなぁ~と思うのです。















さて私の旅は お昼にこの青年と別れて夜に再会するまで 更に西に進んでいます。




国道はいつしか9号線から191号線に入り どんどん進みます。




そして やっとたどり着いたのは・・・。














DSC_9877bbb.jpg




























































山陰線

















お立ち寄り下さいました皆様へ!


只今ブログのコメント受付をこちらの理由により休止しております。

このブログは ブログランキングなどには参加しておりません。
写真が良いと思われたり 記事が面白いと思われたり・・・
そんなときだけでけっこうですので 拍手ボタンを押していただけると嬉しく思います。





        2012-09-02       1691回目~ ♪Jody




夏を惜しむ日。 version-2







DSC_0784kkk.jpg



















































大井川鐵道

















お立ち寄り下さいました皆様へ!


只今ブログのコメント受付をこちらの理由により休止しております。

このブログは ブログランキングなどには参加しておりません。
写真が良いと思われたり 記事が面白いと思われたり・・・
そんなときだけでけっこうですので 拍手ボタンを押していただけると嬉しく思います。





        2012-09-02       1690回目~ 五十猛のおじさん その二












36度炎天下。




アスファルトも溶け出してしまう様な猛暑でした。




誰も居ない海岸線。




不思議と言えば不思議なことに そんな中でポツンとあった小屋の中で その人は居てたのです。









おじさんは 窓の無い暗い小屋の中で 机の上に足を投げ出し 缶ビールを片手に漫画の本を読んでいました。




何の漫画だったのかわかりませんが 机の上には  雑然と積み上げられた漫画と空き缶と そして おじさんの足がのせられていたのです。









まぁ 最初の印象は なんとなく無愛想な人だなぁ~と思いました。




とにかく面倒くさそうに話す・・・  それが このおじさんの特徴でした。




『そこの砂浜に車をスタックさせてしまったんで 板切れか何か無いですか』  と私が言うと




『ムリ ムリ』    




『無理ですかねぇ・・・』  と私が言うと




『みんなここで 動けなくなるんだ』  『四駆だって嵌まっていくよ』 と このおじさん。




『それより 何でこんなとこ来たんだよ』 




『いや 何となく・・・』




へらへらと笑うしかありませんでした(笑)









 




『まぁ 板切れだったらその辺にあるからさぁ・・・ 無理だと思うけど やりたいならやってみればいいさ』  と このおじさんは突き放したように言うのです。




そのくせ どこか世話好きな匂いがして 暗い小屋の中で板切れを探すのに苦労していると 結局おじさんは椅子から立ち上がり 面倒くさそうに一緒に探してくれるのです。 




小屋は古い木造で二十畳ぐらいの広さはあったでしょうか・・・。




入り口が狭く窓が無いので とにかく暗く 程よい板切れを探すのには苦労をしました。 




『悪いっすねぇ・・・』 と恐縮して私が言うと  『いいさ』 と このおじさんは一言だけつぶやきます。














炎天下の砂浜に戻り 独り汗だくになりながら駆動輪である後輪の周りの砂を掘って板切れをかましてると いつの間にか おじさんが後ろに黙って立っていました。




『暑いからさっきの小屋に戻っていてくださいよぉ~』  って私が言うと




『まぁ 見てるだけさ』  と おじさん・・・




ともかく車に乗り込みエンジンをかけて リバースに入れてアクセルをゆっくりと吹かします。




こんなとき オートマは感覚がつかめず 無駄なトルクをかけてしまい結局 砂からの脱出は無理でした。




ふと振り返ると おじさんはそこには居なく 小屋の隣に置いてある車とロープを取りに行ってくれていたのです。














積極的に助ける気になってくれた おじさんが現れてからの作業は とっても早かったです。 




すでに自分の車の牽引フックにはロープが通されていて 後は私の車と繋ぐだけの状態になっていました。




しかし 私はと言えば 車のどこかに収納してある牽引フックを探し出し 自分の車の後部バンパーに固定する作業から始めなくてはなりませんでした。




情けないですが今時の車は故障して止まることが少ないので こんな場合の経験が無くて焦りました。




マニュアルを出してきて それを読むことから始めました。




暑い中 後ろで待ってくれているおじさんのことを考えると焦ります。




本当に面倒臭いことに巻き込んでしまい 悪いなぁ~と思う気持ちでいっぱいです。




そんな私を見ておじさんは言いました。




『ワンカップでいいよっ!』




『ほら そこの道のぼって右に曲がって ちょっと行ったところで売ってるからさぁ~』















あっはっはっは 何だか急に楽な気分になりました。




人の言葉って凄いなぁ~と思いました。




時間って こんなに のんびりと流れてたのかな・・・




人って こんなに 温かかったかな・・・




そして 見渡せば 海って こんなに 青かったかな・・・














旅は 一期一会とよく言います。




たぶん このおじさんとは二度と会うこともないでしょう。




不思議なもので このおじさんの なんでもない一言が この美しい山陰の海を さらに美しく感じさせてくれました。




車が脱出できたのは それから5分もかかりませんでした。




約束どおり ワンカップを買ってきて渡せば おじさんはそそくさと車に乗って消えて行きました。




あははは おじさん ありがとう。

















DSC_9804lll.jpg































































山陰線

















お立ち寄り下さいました皆様へ!


只今ブログのコメント受付をこちらの理由により休止しております。

このブログは ブログランキングなどには参加しておりません。
写真が良いと思われたり 記事が面白いと思われたり・・・
そんなときだけでけっこうですので 拍手ボタンを押していただけると嬉しく思います。





 | HOME |