Here I Am

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
  5. 編集

1805回目






Here I Am









DSC_1557kkk.jpg



















ブログのタイトルを変更します。




Here I Am




タイトルに深い意味はありませんが さすがに写真を撮らない(撮れない)大井川を冠にし続けることには抵抗が・・・(笑)















結局2013年は 写真を撮ろうと思うエネルギーの湧かなかった一年間でした。




多分 来年も同じでしょう。。。




仕事に追われて とても休むことの出来ない現実からは 逃れることが出来ません。
















この現状を ポジティブに考えんとあかんなぁとは思っています。




『欲しがりません 勝つまでは!』  やなしに  『欲しがります 勝つために!』  っちゅう感じでしょうか。。。




なのでバカですが 来年も仕事一途で頑張ります。




と言うか そう考えるしか仕方がありません。

















何度も古い写真を再掲載している上 更新も期待出来ないブログです。




それなのに 毎日のようにお越し下さっている方々がいらっしゃいます。




本当に 本当に感謝しています。   ありがとうございました。   佳いお年をお迎え下さい!






































北条鉄道の駅
























お立ち寄り下さいました皆様へ!


お越し下さいましてありがとうございます。

申し訳ありませんが 只今こちらのブログのコメント受付を休止させていただいております。

更新もほとんど無く 古い写真を何度も再掲載しているブログです。

適当な加減でご覧いただけますと助かります。










スポンサーサイト
  1. 2013/12/31(火) 07:02:49|
  2. 北条鉄道|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント(-)
  5. 編集

1804回目








多面体の午後。












DSC_0063kjo.jpg





















災害のため 決して列車の来ることのない 山陰本線惣郷川橋梁。




相変わらず近くでは ざざん ざざん と 繰り返されている波の音。




多面体の橋の夕暮れは 予想通り 素晴らしいオレンジ色に染まりました。



















DSC_0053kko.jpg

































橋の袂では この旅に連れてきた息子が 石投げをして遊んでいます。




近くでは 嫁と娘が並んで座って 沈む夕日を眺めています。




そんな全ての空間の中に居ることを感じて私は 何とも幸せな気分に浸ってしまっているのです。
























DSC_0076lko.jpg


































やがて太陽は 雲や水蒸気に遮られることなく見事な日没を見せてくれました。




『はぁ~じめて 海にそのまま沈む太陽を見たぞ!』  って はしゃぐ子供たち。




もう それだけで今回の旅の目的を果たせたと私は思うのです。

























DSC_4892kji.jpg
































美しい多面体の橋のシルエットを家族に見せながら もう一度あの おじいさんとお逢いしたかった今回の旅。




残念ながら おじいさんはお亡くなりになられてしまって衝撃を受けたけど ひとつ救われた気分になれたことがありました。









『何だか 旅に出てゆくような感じで亡くなってねぇ・・・』  と話されるご遺族の方。




『朝には病院でご飯を食べてたのに 昼には もう亡くなってましたよ』  と話されるのです。









時に笑い 時に黙り 思い出しながら話すようなスローな会話を続けた おじぃさんとの40分間を思い出します。




おじぃさんのお父様は この橋の建設に従事されていて おじぃさんとこの橋は 共に生まれて共にこの地で一生をおくりました。




『なんだか歌の 大きな古時計に似ている話しですね!』  と私。






相変わらず風の吹かない宇田惣郷の集落でのこと。




最後に少し笑えたことが 幸いに思えるのでした。






























惣郷川橋梁

































お立ち寄り下さいました皆様へ!


只今ブログのコメント受付を休止させていただいております。

このブログは ブログランキングなどには参加しておりません。
写真に何かを感じていただけたとき・・・
そんなときだけでけっこうですので 拍手ボタンを押していただけると嬉しく思います。










  1. 2013/12/29(日) 18:36:07|
  2. JR 山陰本線 播但線 姫新線 因美線|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント(-)
  5. 編集
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。