Here I Am

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
  5. 編集

1440回目~ 魔法の瓶




洒脱も洒落も瓶に詰め。




DSCF1331ボトル















すみません。

お返事遅れちう・・・・・。













  1. 2011/05/19(木) 00:16:50|
  2. 模型|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:4
  5. 編集
<<タイトルなし | ホーム | 1439回目~ 旅の日>>

コメント

  1. 2011/05/19(木) 06:37:48 |
  2. URL |
  3. yukinko666 #CU4vqk3E
  4. [ 編集]
宮さん、おはようございます。
ペットボトルを被写体の前に置いちゃうなんてさすがですね!
一瞬模型かなと思わせておいて
ちゃんとバックの雲や太陽やロープみたいので現実感もありありと...
感服いたしました ^^;
  1. 2011/05/21(土) 22:55:03 |
  2. URL |
  3. 岬めぐり #-
  4. [ 編集]
現実の車両を使ってボトルシップですか。
ロマンがありますね。
自分にはこういった発想出てこないです。
見習いたい部分です。

ボトルの種類や形状を変えてみたり、中に水や濃い砂糖水なんかを入れてみたりしたらまた違った画が撮れそうですね。
被写界深度の深いコンデジを使えばボトルの上を走る車両も撮れそうです。
  1. 2011/05/22(日) 06:32:27 |
  2. URL |
  3. 宮 #ogz9v/Dw
  4. [ 編集]
おはようございます。

たくさん書いて下さったコメントのお返事、あと少しですね!
いつも本当に感謝しております。
やはり 一つでも反応があるのと無いのとは大違いですからね。
コメントし難い写真もあるでしょうに いつも本当にありがとうございます。


>ボトルトレイン...みたいな

あはは 面白いでしょ!
実はここは私の家のバルコニーでして 写ってる車両は模型なんですよ(笑)

ビン(ペットボトル)も色々と集めて来て試してみたんですが (柚子酢の空き瓶も!) どれもこれもうまく車両が車両らしく写らないもんですから苦労しました(笑)
とにかく想像以上に歪むんですよ(笑)
ゆきんこさんもやってみますか?

1377回目 妄想のボトル 
http://ooigawa2.blog87.fc2.com/blog-entry-43.html にも別カットがアップされています。

写真は何をやってもいいから面白いですね!
  1. 2011/05/22(日) 07:18:09 |
  2. URL |
  3. 宮 #ogz9v/Dw
  4. [ 編集]
おはようございます。
あはは 変な写真でしょ!(笑)

ゆきんこさんのお返事にも書きましたが これは実はHOゲージの模型でして 写した場所は私の家のバルコニーだったんですよ!
それにしても紛らわしい写真ですよねぇ(笑)

この写真を写すのにはけっこう時間がかかりました。
ボトル選びが大変だったんです。

ただ 写真は写したいイメージが浮かんでからが面白いですよねぇ~
発想が浮かんだ瞬間から一人で数日間ニヤニヤしてしまって・・・(笑)
ボトルは数日かけて 色々と集めて試してみたんですが これが意外といいのが無くて難しかったです。

最初は模様が入ってたり歪みのある複雑な造形の 色んな表情を撮れそうなビンを探しました。
だけどこれが 笑笑笑 被写体を歪め過ぎて いったい何を写してるのかさっぱり表現出来ない。。。(笑)

そこで つるっとした表面の いわゆるオーソドックスな瓶を探して試してみました。
すると 丸い曲面が被写体をペッチャンコにしてしまい これもボツに。。。(笑)

結局ガラス瓶は諦め 手近にあったペットボトルを利用すると まぁまぁそれなりにイメージに近付けたような 近付けられなかったような そんな写真が撮れましたよ。。。(笑)


>中に水や濃い砂糖水なんかを入れてみたりしたらまた違った画が撮れそうですね。

あぁ~ 面白そう~!
にゅる~っと煙みたいな画像の雰囲気が作れそうですね!
ヒントをありがとうございます。

ここに来られる皆さん 面白い発想の持ち主の方ばかりとみえて 旧ブログでこの写真をアップしたときは サイダー水を入れて写しても面白いと書いて下さった方もいらっしゃいましたよ(笑)
まだまだ いろいろとやってみたいですね。

あと企画倒れで終わってるものとして 夏場に氷の中に映ってるチンチン電車をマクロで写してみたことがあります。
これも旧ブログでアップしましたが これはちょろっと わかりにくかったようで反応はイマイチ(爆)

失敗の要因として 氷の大きさが夏の暑さで残念ながら融けてしまって小さくなってしまったこと。。。
あと刻々と氷の表面の形状が変わり ピントの位置決めや 被写体が透過して見える位置が変わってしまって 実に構図を決めにくかったことが思い出されます。

遠くへ遠征して被写体を追いかけなくても 写真は楽しめますね!
そろそろまた近くのチン電でリベンジしてみたいと思います。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ooigawa2.blog87.fc2.com/tb.php/127-24b7cb8c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。