Here I Am

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
  5. 編集

1359回目~ 冬空の貨車




陽はどこからか射す。





DSC_2047ワラ12










寒い 寒い ある冬の午後。


きっと全国を駆け巡っていたであろう有蓋貨車が何両も置かれてる場所を見つけた。


とび色のワム80000ならけっこう見ることが出来るけど 黒いワラ1は最近どんどん数が少なくなってきたように思う。


おぉ! なんか得した気分。


あはは ワシも鉄やのぉ(笑)










南海汐見橋線 木津川駅界隈













  1. 2011/01/21(金) 22:23:15|
  2. 風景やスナップなど|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:7
  5. 編集
<<1360回目~ 至福の影 | ホーム | 1358回目~ 甲殻類の橋>>

コメント

  1. 2011/01/21(金) 22:42:19 |
  2. URL |
  3. 尺 #-
  4. [ 編集]
ホントウにワラ1~?
ワム60000じゃなくて~(笑)

私は大日本軌道(雨宮)のへっついとそれに牽かれる客車の事ばかり考えています。
何のこっちゃですね。
  1. 2011/01/22(土) 08:09:18 |
  2. URL |
  3. JUMBO@現場 #-
  4. [ 編集]
ワラ・ワムはまだまだ見かけますねん。
実家の近くに、テムってのが有りましたが、今はどうなっているやら...

>尺さん
へっついとマッチ箱ですか!どこかでそんな光景見てみたいです...
今の仕事場の近くには、オットーが走っていたそうですが...
  1. 2011/01/23(日) 06:52:35 |
  2. URL |
  3. 尺 #-
  4. [ 編集]
どこだか忘れましたが、ワム70000の倉庫を見たことがあります。

新幹線の車窓から見える天竜川の東に渡ってちょっと行った所に古い貨車の倉庫がいくつかあるのが気になって、17年前にバイクで神戸からそれだけのために見に行った事があります。正体は豊橋鉄道の自社発注の貨車でした。今はもうありません。

>JUMBOさん
沖田さんの機関車表を見てみましたが、オットーが見当たりません。
どこの鉄道、専用線か教えてもらえませか。
  1. 2011/01/23(日) 07:23:34 |
  2. URL |
  3. 宮 #ogz9v/Dw
  4. [ 編集]
おはようございます。
いつもコメントありがとね!

ワム60000・・・あはは どうだろう?
70000だったりして!
あれは屋根の高さが違うのかな・・・

ともかく私には黒い貨車としかわかりませんわ(笑)
  1. 2011/01/23(日) 07:29:56 |
  2. URL |
  3. 宮 #ogz9v/Dw
  4. [ 編集]
おはようございます。
JUMBOさんもいつもコメントありがとうございます。

テム? オットー?
あはは さ~ぱりわかりません(^^)

私と同い年の尺さんの鉄道知識についていけない私なのに 私より10歳若いアナタがついていけるところが凄い!(笑)

お仕事 お疲れ様でした。
  1. 2011/01/23(日) 07:38:04 |
  2. URL |
  3. 宮 #ogz9v/Dw
  4. [ 編集]
うんうん そう言えば以前も前のブログのどっかでそんなコメ書いてくださいましたね!

わざわざバイクで見に行かれたとか・・・
んで豊鉄の貨車だとはびっくりされたことでしょうね!


ところで歩き撮り 今日あたりお誘いしたいなぁ~と思ってましたが 残った仕事があったり娘を英検の試験会場へ連れて行かなければならなかったりで今日は無理かな・・・

またいつか適当にお誘いさせていただきますね!
  1. 2011/01/24(月) 07:55:37 |
  2. URL |
  3. JUMBO@現場 #-
  4. [ 編集]
すみません、古すぎた鉄道ネタで...

今の仕事場は静岡の掛川なのですが、すぐ隣町の菊川から南の浜岡(池新田)へ、戦前の一時期に県道上をドイツ製の石油発動機関車の牽くキドー(堀之内軌道)が走っていたそうです。
今でも交換施設の有った場所だけ、道路が広がって残っています。

数年前までは、駿遠線の池新田駅跡地に建てられたアパートに住んでおりました(^^;)

貨車と言えば、実家の近所の名古屋臨海鉄道の救援用貨車、三岐鉄道の木造有蓋車を鋼体化したものなのですが、下回りは古典貨車そのものでした。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ooigawa2.blog87.fc2.com/tb.php/18-dde04545
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。