Here I Am

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
  5. 編集

そうだ富士山へ行こうー2 【出発編】




五合目っていくつあるの?








 






皆様 こんにちは。

元気にしてはりますか?

はははっ さっきから書き始めてはみたものの普段からこういう長い文章は書き慣れていないものですから なんとなく難しくてストレスを感じてしまいますね!

普段から長い文章書いて上手くまとめてブログにアップしてる人を見ますとホンマに尊敬してしまいますわ(笑)
まぁ適当に どうせ大した文章書けませんので 皆さんもダァラァ~っとした気分で軽く読み流して下さいね!

昨日書いたのは【準備編】 出発の6時間前に旅行の決行が決まった我家の(ちゅうか ワシ個人の) アタフタとした気分を書かせていただいたつもりです。
今日は【出発編】 現地到着までのことを書くことにいたしましょうか・・・。
って言うか 最後まで書けるんやろか(笑)






DSC_0605a.jpg
△今回はこんな風に後部座席をフラットにして子供達を寝かせて行くことに・・・
それにしても何でこんな顔をと思うものの やはりウキウキする出発前!
自分も子供の頃に こんな変わった表情で嬉しさを表現してたことを思い出し 思わず笑ってしまう。






まずは 到着地を富士山五合目と決定!
出来れば雲海とかご来光を子供達に見せてやりたいと思とったんで そう決めました。 

ところで皆さん 富士山の五合目って いくつあるか知ってます?

ワシャ知らんかった・・・(笑)
富士スバルライン五合目 富士スカイライン富士宮口五合目 御殿場口新五合目 須走口五合目 って4つもあるんですわ!

だいたい他所者に スバルラインとスカイラインの違いはややこし過ぎますやろ!
同じ ス~から始まる言葉 ワシらには難易度高いと思うんやけどなぁ~・・・(笑)
富士あざみラインっちゅうのもあるんよ!
あと 新五合目ってなんですの! 他のは古くてダメなんやろか・・・   

昨日も書きましたが 我家には出発の直前まであまり旅行のスケジュールを決めない習慣みたいなものがありまして・・・
それは仕事の都合で直前になって旅行を中止する場合もあって それで 少しでもショックをやわらげたいと言う気持ちから覚えた 私たちの知恵と言えるかもしれません。

ともかく私はこのややこしい登山ルートの違いを誰かに聞こうと思いました。
そこで 普段から懇意にしていただいてるミセスさんが静岡県に縁のある方だったのを思い出し 連絡させていただくことにしたのです。

ミセスさんの当日のブログを拝見させていただくと どうやら当日あったSLのイベントには出かけられていないご様子!
それならばと思い仕事場から 即メールさせていただきました。






DSC_0610a.jpg
△2人ならゆったりなのだが これから塾が終わる中二の長男を乗せて富士へ向けて出発することになるのではたしてどうなることやら・・・。






質問の内容は次の通り。

今の時期 富士山の五合目まで車で行ってご来光を見ようと思えばどのルートへ行けばよいのか・・・
あと ご存知ならば今の服装や 五合目からハイキング気分で歩ける登山道の有無について聞かせていただきました。

しかし残念ながらミセスさんはあまり富士山のことにはお詳しくはなかったようで ほどなくして くろくまさんからメールが入って来ました!
何とミセスさんのご厚意で くろくまさんや 登山にお詳しい岬めぐりさんにも聞いてくださったようなのです!
ミセスさん 本当にありがとうございました。


くろくまさんからいただいた情報は実に簡潔かつ要領の得た文章にまとめられていました。
遠征中で しかも楽しいお仲間と呑み会の始まる時刻だったことだと思います。
お忙しくされてる最中にも関わらず持参されたパソコンで調べて下さったと後で聞きました。
くろくまさん お忙しい最中 本当にありがとうございました。

くろくまさんからいただいた情報は次の通りです。

東名で富士まで行き富士宮方面へ 富士スカイラインから152号線へ向かうべし。
駐車場は無料 標高は2400m ご来光は七合目より上が良いとのこと。
レストハウス 遊歩道があり 散策も可能とのこと。

アハハ くろくまさんらしく実に要領よくまとめられた文章ですね(笑)






DSC_0612a.jpg
△いざ 富士に向けて出発! 時刻は21時40分 ナビによる目的地到着時刻は 5時26分!
翌日の富士の日の出の時刻は5時30分ぐらいなので 一睡もせずに行ってもギリギリになる計算になる。






ほどなくして今度はまたミセスさんから連絡が入りました。
どうやら岬めぐりさんと電話でお話されたらしく ミセスさんご自身もパソコンで調べて下さって その内容がメールに綴ってありました。
内容は以下の通りです。

今の時期は 静岡県側にある富士宮野口からなら日の出が見られるとのこと。
ただ いわゆる地平線からの昇る日の出は富士宮野口の五合目からは難しいとのこと。
でも岬めぐりさんによれば 富士山の稜線から日が昇るのも感動するとのこと。 

ほぉほぉ! うわぁ~ 岬めぐりさん ミセスさん こりゃホンマにありがたい情報になりました。
岬めぐりさん ミセスさん ありがとうございました。






DSC_0624a.jpg
△深夜のサービスエリアで写した3匹の子供達の写真!
あはは いくつになっても可愛いの~~
私も日々睡眠不足が続いており さすがに徹夜運転は辛く15分程度の仮眠を何度か繰り返して また運転を始める。
ご来光も大切だが 安全運転はそれよりも増して何よりも大切で とにかく眠くなればすぐ仮眠をとることにして運転を続けた。






ここで皆さんにいただいた情報や 自分で調べた富士山五合目までのルート情報をまとめてみますと 

富士スバルライン五合目  山梨県側河口湖から 富士スバルライン(有料\2000)を使って登る。 
富士宮口五合目  静岡富士宮から 富士山スカイライン(無料)を使って登る。
御殿場口新五合目  御殿場から 富士山スカイライン(無料)を使って登る。
須走口五合目  御殿場 浅間神社から ふじあざみライン(無料)を使って登る。

と4つの異なるルートと 異なる位置の4つの五合目があることが判明。

五合目自体の規模を見ると やはり有料道路の富士スバルライン五合目が一番規模が大きく 土産物屋さんなどの観光施設が充実していて魅力的。
ご来光に関しては 秋分の日を境にして太陽の昇るルートが北から南に変わるので 富士スバルライン五合目より 富士山スカイラインを使って登る 富士宮口五合目がベター。
しかしご来光に関しては 東にある 須走口五合目がベストで 辺りが暗いことから天体観測家にとっても人気の場所であることが判明!

結局 確実にご来光が見られて まだ暗い時刻にたどり着けば天体観測も出来るという ふじあざみラインを利用した須走口五合目を行き先に決定!

思えば候補地としてまったく上がらなかった場所になりましたが 皆さんの情報を元に比較出来たわけで 情報をいただいた皆様には深く感謝致します。






DSC_0626a.jpg
△仮眠をとりながら安全運転で来たつもりなのだが メリハリの利いた運転が良かったのか 思ったよりも早く御殿場インターを出る。
上へ登れば食事は出来ないので最初に見つけたコンビニで朝食を調達。
ううっ まだ山に登ってないのに 寒いな・・・
空は曇っていて星は見えない・・・
今日はご来光が見えないかもと不安がよぎる。






DSC_0630a.jpg
△ 台風15号の爪跡をあちこちで見ながら 暗い ふじあざみラインを登って ついに須走口五合目駐車場に到着!
気温は1.5℃ 時刻は4時25分 燃費はリッター10.1  
5人乗車で ハードな山道を走ってきた割には良い成績か!
標高は 約2050mって言うぐらい。
うぅ・・・ それにしても寒い・・・






DSC_0632a.jpg
△あはは~ お約束のパンパンになったコンソメパンチ!
中身も パンパンになってたらええんやけど・・・






DSC_0636a.jpg
△須走口五合目駐車場から頂上を見る。
おぉ~ 満点の星じゃ! 
ん?  何か頂上が白くないかい・・・






つづく!

たぶん(笑)







お立ち寄り下さいました皆様へ!


只今ブログのコメント受付をこちらの理由により休止しております。

このブログは ブログランキングなどには参加しておりません。
写真が良いと思われたり 記事が面白いと思われたり・・・
そんなときだけでけっこうですので 拍手ボタンを押していただけると嬉しく思います。







  1. 2011/10/02(日) 12:52:43|
  2. 風景やスナップなど|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント(-)
  5. 編集

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ooigawa2.blog87.fc2.com/tb.php/270-3c115c98
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。