Here I Am

[NewEntry] [Admin]

カレンダー

10 « 2017-11 « 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

記事分類

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

宮ーooigawa2

管理人  [ 宮ーooigawa2 ]

FC2ブログへようこそ!

RSS

広告

FC2Ad

        2012-07-11       1680回目~ ♪And I Love Car




車はあくまでも 快適に暮らす道具!

























DSC_0073aaa.jpg














昔は見た色で色占いが出来たほど 街中で頻繁に見ることが出来た車 フォルクスワーゲン。




今はコンセプトを同じくした新型のビートルが走ってますが 水冷になったエンジンを無理やり前に置くためにリデザインされた 全くの別物になります。




この車は 紀州鉄道を写してる際に偶然通りかかったものでして オーナーのご好意により幾枚か写真を撮らせていただきました。




ところで皆さんは 紀州鉄道の古強者キハ603と この車とどちらが古いかおわかりになりますでしょうか?




答えはキハ603が昭和35年の生まれに対し この車は昭和29年と 実はこの車の方が6年も古いのです。




ご存知の方はご存知だと思いますが ワーゲンはヒトラーのプロパガンダで 一家に一台 国民車を持たせると言う構想があり それによって政治的に作られた車でありました。




設計は 彼の有名なフェルディナント・ポルシェ博士!




軽量なボディーに リアエンジン リアドライブ・・・  乗ってて 楽しく無いわけはありません。














12904aaa.jpg














私がかつて乗っていた車も 紀州鉄道沿線で遭遇した車と同じ昭和29年式という とても古い年式の車でした。




12年間だったか14年間だったか忘れましたが ともかく私が今まで一番長く乗り続けた車はこれになります。




ワーゲンは古ければ古いほど古典的な丸味と味があり いわゆるツゥの間では人気がありました。




いやぁ~久しぶりに写真を引き出してみると また運転したくてたまらなくなりますね!




先ほども書きましたが この車は本当に乗ってて楽しい車でした。




エンジンは非力でしたが車体は軽く まるでゴーカートのように精一杯走ってることを体感出来 まさに車と一体になれる楽しみを味わえる車だったと思います。














12795xxx.jpg














後方視界はご覧のように非常に悪いです(笑)




でも慣れれば大したことない・・・ですし それよりもOVALウィンドゥーと呼ばれるこの楕円形の窓が最高にセクシーでした。




エエカッコして車内につけてる一輪挿しは 製造当時のオプションだった貴重な古いローゼンタールの花瓶です。




ハンドルについてるホーンリングも当時のオプションですが 接触が悪く左下45度を押さえないと鳴りませんでした(笑)




しかも走行中に振動を拾って勝手に プッ プッ っと鳴り出す始末・・・




昔の壊れたテレビみたいに 叩けば治ったりするのですが叩き所が悪いと連続して プゥ~~~~~~




とにもかくにも乗ってて楽しい車でした。














aaakij.jpg














右左折の合図は この車のBピラー(横から見て窓と窓の真ん中の柱)から出ている セマフォーと呼ばれる腕木式の棒のみでします。




この写真でわかるかな・・・・・(笑)




一応 豆電球ほどの明るさで光ります。




まぁ バイクに乗ってる人をびっくりさせる程度には有効でしたが とても後方のドライバーに右左折の合図を送れるものではありませんでした。




ともかく今思えば よく十数年間も乗ってきたと思います。




運が良かっただけかもしれませんが 慣れれば運転にコツがあって接触事故はゼロでした。














File0008b2kk.jpg











もう20年近くも前に私が描いた私の車です。




まぁ下手ですが 好きで好きでたまらなかったときの気持ちだけはこもってると自画自賛しておきます(笑)




車はあくまでも快適に暮らすための道具です。




でもそんな道具を本当に家族の一員と思い いつまでも大切にしていたいと思っているときがありました。




しかし残念ながら別れのときが来てしまうのです。




理由は私がこの車のレストアを依頼しているお店とのトラブルでしたが この様な場合 双方に言い分があり一方的な書き方をしたくないのでここでは止めておきます。




今はその当時の仲間達が 私と嫁の結婚式のときに スペア用としてプレゼントしてくれたワーゲンの後ろについてるエンジンフードが残るのみ・・・




私にとってはこれが 家族同様の宝物として今も残ります。














DSC_4065kk.jpg























紀州鉄道

















お立ち寄り下さいました皆様へ!


只今ブログのコメント受付をこちらの理由により休止しております。

このブログは ブログランキングなどには参加しておりません。
写真が良いと思われたり 記事が面白いと思われたり・・・
そんなときだけでけっこうですので 拍手ボタンを押していただけると嬉しく思います。





トラックバック

http://ooigawa2.blog87.fc2.com/tb.php/493-8212e4bb

 | HOME |