Here I Am

[NewEntry] [Admin]

カレンダー

08 « 2017-09 « 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

記事分類

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

宮ーooigawa2

管理人  [ 宮ーooigawa2 ]

FC2ブログへようこそ!

RSS

広告

FC2Ad

        2012-07-29       1685回目~ 奇跡の踏み切り






皆様 少しご無沙汰をしておりました。




あぁ・・・ 文章を書くのは難しい・・・




正直申しますと 『仕事が忙しくて なかなか時間が無い』 と言うのは今回に限っては 私の言い訳と言うより嘘になってしまいます。




書いては消して また書いては消してを繰り返して ただただ自身の文才が無いのをあらためて証明するような日々でした。









前述していますように 今回の旅は ドキュメントをお伝え出来る様な写真をあまり撮ってません。




それゆえ旅の感動を文章表現で伝えてみようと試みてみたのですが 書けば書くほどひたすら長くなり 何を言いたいのかがボケてしまい 結局 作文の難しさを思い知らされる事になってしまいました。  









今回の旅のご報告には 旅先で出会った3人の人物に登場してもらうことが必要不可欠です。




しかしそこまでに至る文章が 何度書いても上手くいかないのです。




一人は 砂浜でスタックしてしまった私の車を助けてくれた人でした。




もう一人は 名古屋から一人自転車で来たという青年です。




最後に出会った一人は 今回の旅行の最遠端で出会った 昭和4年生まれのおじいさんでした。




それぞれと過ごした時間はとても素晴らしく そこで見た風景や そこで感じた音や匂いを上手く文章で表現することが出来れば その旅の情景は まるで何でも増幅してくれるトランジスタを得たように膨らんでいくのです。









が・・・・・    難しい。














出雲市のコンビニの駐車場で一夜を明かした私は 不快な湿度と気温せいで不眠が重なり 少しイライラした朝でもありました。




朝と言っても時刻はまだ夜中の3時半です(笑)




早起きは私の日常ですので ついついこんな旅の空の下でも早く目が覚めてしまうのです。




夏至を過ぎたとは言え この時期は4時を過ぎれば東の空は少し明るくなってきます。




毎度 写真を写していて思うのですが 最も美しい情景に出会えるのは 深夜から早朝にかけて 或いは 夕方から夜にかけてが 多いのではないでしょうか。




そこで早速 車を出して一畑電鉄の沿線を走ります。




しかし いいイメージのある情景に出会えません。




何か新鮮さに欠ける風景が続くのです。




そのうち前夜以来の睡眠不足のイライラも手伝ってか あっと言う間に一畑で写真を撮りたいと思う根気が無くなってしまいました。




そこで 西に車を進めようと 思い立ったのです。




動機はただそれだけだったと思うのです。




ただただ 海を見たくなったのです。




目の薬師様 一畑寺には帰りに立ち寄れば それでいいのです。














国道9号線を西へ走り続けることには 何となく旅のロマンを感じました。




私が車で走る未踏区間を進むのです。




いったいどんな風景が待ってるのでしょう・・・




出雲市を出て 左手に神西湖という湖を眺めながらしばらく行けば もう日本海が見えてきます。




小田 田儀 と言った有名な撮影地があるそうなのですが 私は知りません。




適当に車を走らせて 綺麗だなと思うポイントを探します。




国道から見える踏切が気に入り そこで写真を写すことにしました。




ポツンと海岸線に立ってる 遮断機なしの踏み切りでした。




今は本当に便利な時代になったと思います。




携帯電話のGPSで最寄り駅を探すことが出来 そしてその駅の時刻表を簡単に調べることが出来るのです。




時刻は4時20分を少々過ぎたところでした。




列車が来るまでに まだ2時間以上もありました。




東の空はどんどん明るくなり 雲の表情がとても美しく 第一級の朝でした。




その美しい空と日本海をバックに踏み切りを写します。




踏み切りは 列車は無くてもそこに列車が走ってることを想像させる 立派な存在感があるのです。




適当な試写を終えて構図を決めて 三脚を出してゆっくりとカメラをセットしてますと・・・・・









そのとき突然奇跡は起こりました。




なんとまだ2時間以上も列車の来ない踏み切りで 突然警報音が鳴り響いたのです。




しかし 警報音は鳴り続けているのですが 列車がやって来る気配は一向にありません。









DSC_0092aaaa.jpg














最初は故障かと思いました。




その場に居たのは自分一人だけでしたし 自分が何か故障の原因に関わってしまったのかと・・・




何も来ないはずの踏切が ずっと長時間 鳴り続けているのです。




まぁ 時間が経てばそのうち止むだろうとあまり深く考えず そのうち構図を変えて写す余裕まで生まれてきました(笑)




だいいち 警報機が赤く燈ってる方が踏み切りとして とても絵になります。




むしろ このまま鳴り続けろと思いながらの撮影でした。









DSC_0096aaaa.jpg









列車は何と 約3分間ほども踏切の警報音を鳴り続けさせてやって来ました。




ゆっくり ゆっくりと静かに接近し やがて踏み切りの手前から物凄い加速度で発進して行きます。




エンジン音がしていたので気動車であることはわかりますが・・・




それにしても凄い加速でした。。。









写真を見れば 線路をライトで照らしいてるのがわかりますね。




きっと軌道を検測点検している『キヤ』のシワザだったんでしょう。




私達の時代は マヤ34と言うのがありましたが・・・




マヤでも新しいと感じる車両でしたが 今はもう居なくなってしまったのかもしれません。









まっ 早起きは三文の徳と言うことで 結果ラッキーだったと言えると思います。




二度寝で見た夢のような時間は過ぎてゆき やがて 5時17分 出雲大社や日御崎のある島根半島から素晴らしい朝日が昇ります。









DSC_0141aaaa.jpg















山陰本線















お立ち寄り下さいました皆様へ!


只今ブログのコメント受付をこちらの理由により休止しております。

このブログは ブログランキングなどには参加しておりません。
写真が良いと思われたり 記事が面白いと思われたり・・・
そんなときだけでけっこうですので 拍手ボタンを押していただけると嬉しく思います。





トラックバック

http://ooigawa2.blog87.fc2.com/tb.php/504-6c228b8e

 | HOME |