スポンサーサイト

宮ーooigawa2

-
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by宮ーooigawa2

1391回目~ 昭和のキハ

宮ーooigawa2




路も暖かい。





DSC_0387昭和の日

















ほんわかと 路地。














紀州鉄道










Posted by宮ーooigawa2

Comments - 10

There are no comments yet.
くろくま  

懐かしくなっちゃう写真ですね。
昭和30年代は板塀と戸別に木製ゴミ箱がありましたね。

いい感じです♪

2011/02/26 (Sat) 07:15 | EDIT | REPLY |   
ミセス  

ホント、懐かしいですねぇ~。

大掃除のときとか雑巾がけさせられました。
気をつけてやらないと、錆びた釘が引っかかったり、木のささくれがささったり。。
祖母の顔が浮かんできました。

2011/02/26 (Sat) 10:39 | EDIT | REPLY |   
アホキ  

コメントテストです

2011/02/27 (Sun) 17:34 | EDIT | REPLY |   
アホキ  

すいません、前回書き込みがうまく反映されなかったもので、テスト書き込みしてしまいました。

この写真のような板塀って見なくなりましたね。ぞうきんがけするととげが刺さったりして大変なんですけど。


だいぶいろいろなことがおありのようで、私なんぞに何かアドバイスできるようなことはないのですが、マイペースで頑張ってください。










2011/02/27 (Sun) 17:41 | EDIT | REPLY |   
宮  
くろくまさんへ!

こんばんは!
アハハ あった! あった! 一家に一つあったごみ箱ね。
うちの実家にもありましたよ。

ただ全部 木製だったかな・・・?
一部 あの材質は何だろ コンクリートみたいな材質の枠組みだったなぁ~
蓋は木製でしたけどね。

黒焼きの板塀は防火効果もあるそうですね。
私の住んでる近所にも残ってましたが 今急速に姿を消しつつあります。

2011/02/27 (Sun) 22:18 | EDIT | REPLY |   
宮  
ミセスさんへ!

こんばんは!
ホント懐かしいですよねぇ~

そうそう ミセスさんの時代は大掃除の後に進駐軍のジープに乗った兵隊さん追っかけて ギブミーチョコレート・・・・



あれ?


アハハ 眠くて思考力停止しとりますんでスマソ

関係ない話ですが 私の母親 ミセスさんと同じ静岡生まれですよ。
だから私の話し方 半分静岡訛りがあるんです。

母の実家は東名の静岡インターからすぐ近く。
昔はおばあちゃんの家の庭から富士山が見えたんですけどね・・・。


2011/02/27 (Sun) 22:33 | EDIT | REPLY |   
宮  
アオキさんへ!

こんばんは!
コメントありがとうございます。

お一人だけお返事を残してしまいますが お返事は明晩にさせていただきます。

申し訳ありません。

2011/02/27 (Sun) 22:54 | EDIT | REPLY |   
Gomarz  

ひとつ、キハ603は引退してしまいました。そしてもうひとつ、右側の板塀と建物も、引退してしまいました。。。

2011/02/28 (Mon) 12:31 | EDIT | REPLY |   
宮  
アオキさんへ!

こんばんは!
昨夜はすみません。 何だか睡魔に勝てなくて失礼致しました。

何やら コメントを書こうとされて書き込みが出来なかったとか・・・

これはこれはすみませんでした。
何かの不都合だったんだと思いますが 時々 私もコメントのレスが書けないときがありまして・・・
何か不正のアクセスがどうのこうのと書いてましたが オーナーが書き込めないなんて困ったもんです。

さてさて 色々とご心配いただいてしまいまして申し訳ありませんでした。

いろいろなことは 毎日状況が変わって行き 良くなったり悪くなったりの繰り返しですが 皆さんのおかげで随分と気が楽になりました。

アオキさんもそんな優しい皆様の中のお一人ですね。
本当にありがとうございました。

それにしても板塀の掃除で皆さん同じ様な思い出をお持ちなのですね(笑)

2011/02/28 (Mon) 22:21 | EDIT | REPLY |   
宮  
ゴマさんへ!

あらら マジっすか?

この路地 いい雰囲気だったんですけどねぇ。
古い物がいつまでも残ることを勝手に希望してしまう私達ですが でも実際には不便であったり生活の基準に合わなかったり 仕方がないことだと思っています。

そう思うとシャッターチャンスはやはり 輝いてる今を残すことに全力を尽くさないといけないんでしょうね。

貴重な情報ありがとうございました。

2011/02/28 (Mon) 23:33 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。