Here I Am

[NewEntry] [Admin]

カレンダー

01 « 2018-02 « 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

記事分類

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

宮ーooigawa2

管理人  [ 宮ーooigawa2 ]

FC2ブログへようこそ!

RSS

広告

FC2Ad

        --------       スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

        2017-07-01       1839回目










ついに 本物 酔夢譚。  トップシーリング作業 2017.6.8














18815126_1923401137874590_7722582874416458837_o.jpg

↑ ジュリアに動きがあり 室内にビニールシートが被される。









18768249_1923401191207918_4028422655642459077_o.jpg

↑ マスキング作業だと思われるが とても面倒な作業。









16142444_1863590647188973_4697697027963065681_n.jpg

↑ 実は このジュリア購入に際しお願いしていることがあった。
画像は イタリア買い付け時のトップシーリングの状態。
パンチ(穴)の入った純正オリジナルの生地による天張りで 旧車として当然の使用感が認められるものの 希少価値は非常に高く状態はいい。










kko.jpg

↑ フロント付近は素晴らしいコンデションを保つジュリアの天張りだが 後部窓付近には結露によるシミが若干出てしまい個人的な趣向によるものだと思うが 多少の清潔感に欠ける。

ビンテージカーの修復の難しい所で 何もかも美しくまっさらにやりかえるのも悪くはないが そこまで歩んできた車の歴史を重んじなければならない様に思う。
フルレストアの施された車両の美しさや良さは解るが その半面失ってしまうものも大きい。












19025025_1926548670893170_9146067738824841578_o.jpg

↑ そこで オリジナル生地を残したままで ペイント作業を伴った染み抜き修復が行われた。
ペイントするにも色の誤差が出てしまい その範囲も広く想像を絶する難易度があったと思われる。

イタリアで写された写真と同じ角度で写された写真だが 信じられないぐらい完璧な仕上がりで嬉しくなる。










18922703_1926548747559829_6785173900559922680_o.jpg

↑ 美しく仕上がったトップシーリング。
窓の外には まもなく足回りが仕上がり出場を待つ トルネードブルーのジュリエッタが作業中。









18954853_1926548800893157_1308856876469848349_o.jpg









19093010_1926548724226498_6639393979740118973_o.jpg






























2017.6.8














ワールドビンテージカーズ広島













トラックバック

http://ooigawa2.blog87.fc2.com/tb.php/705-9038e842

 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。