Here I Am

[NewEntry] [Admin]

カレンダー

10 « 2017-11 « 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

記事分類

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

宮ーooigawa2

管理人  [ 宮ーooigawa2 ]

FC2ブログへようこそ!

RSS

広告

FC2Ad

        2017-10-07       1952回目










ランプ














IMG_2910 ジュリア1600TI - コピー
















ジュリアの顔が まったく変わった。

例えばメガネは人の人相を大きく変える。

さらに そのメガネフレームのチョイス次第で もっと変化する。



大切なバンパーに穴を開けなければならない事には 多少の躊躇はあった。

しかしラリーシーンで活躍するジュリア達を見て以来 フォグランプの取り付けは 自分の中で決定事項になっていた。




フォグの選定は ほぼ最初から決まっていた。



マーシャルである。





マーシャルは フランスのメーカーだ。

イタリア車ならば キャレロと思う向きの方もあろうかと思う。

しかしながら 当時のレースシーンにおけるマーシャルの勢いは凄まじく フェラーリ ポルシェ ベンツ そして アルファロメオにも多く採用されていたのである。


















IMG_2912.jpg

















↑デベソの凸型断面を持ち レンズのカットパターンがこれほどまで美しいランプはそう無いのではないかと思う。


助手席側(向かって左)が ドライビングランプ マーシャル670/680。

運転席側(向かって右)が スポットランプ マーシャル672/692。

目的別で 左右違うランプを取り付けている。



ドライビングランプとは 車の遠くを照らす目的で作られたランプになり ハイビームの追加的な用途になる。

スポットランプとは 文字通り一部分を強く照らす目的で作られており 道路の境界部を照らす補助ランプになる。


当時の使い方はまちまちで 左右で同じ物を取り付けている場合もあれば 二種四燈を賑やかに取り付けている場合もある。


しかしながら 一部のツウと呼ばれる人々の中で 左右別々のランプを取り付けているパターンが間々見受けられたりする。

自分もそれに従い ドライビングランプと スポットランプの二種を選択することにした。



















DSC04867.jpg


















↑これがジュリアに取り付けたランプになる。

左が スポットランプ マーシャル672/692

右が ドライビングランプ マーシャル670/680

先にも書いたが レンズに刻まれたカットパターンがとても美しく いつまで見ていても飽きさせない。

製造期間は 両方とも1950年から1965年までで ジュリアの1966年式と比べて時代考証に無理が無い。

1950年からと言う古い基本設計だが 性能がとても良く 長い間愛されて来たモデルなのだとわかる。

見た目黄色なのは フランス様式の黄色いバルブがセットされているためで 反射板(おかま)やレンズが黄色い訳ではない。

なので 見る角度によって黄色の反射面積が変わり これが実に美しく車に映えるのだ。


しかしジュリアはイタリア車。

ここは白のバルブに取り替え 全燈白のイメージに統一する。




















DSC04866.jpg



















↑こちらは ジュリアに取り付けた マーシャル670シリーズよりも大きなサイズの マーシャル660シリーズになる。

670シリーズが直径14センチに対して こちらの660シリーズは18センチと4センチも大きい。

上がスポットランプ 右下がドライビングランプ そして左下がフォグランプとなる。

一様にフォグランプと言っているが 霧で使うフォグランプは左下のみで 後は違う目的に使用されるランプになり それぞれのレンズの模様の違いに興味深い。

製造期間は 1955年から1970年になるので 1966年式のジュリアにもぴったり合致する。

確かに日本に現存する希少スペシャルカー ジュリアTIスーパー の中のある個体には このシリーズのドライビングランプとスポットランプが装着されている。

しかしながら 自分のジュリアには大き過ぎるイメージがあり ビンテージカーの定番ランプ 670シリーズを採用することにした。




















IMG_2921.jpg




IMG_2922.jpg





IMG_2923.jpg




















目的の違うランプを装着する以上 点灯は別々に出来るようにした。

ランプの点灯は ポジショニングランプを付けた時点から出来るようになっている。

また 通常のライト(外側のライト) と ハイビーム(内側のライト) とランプ2燈を含む全6燈の点灯も可能にしている。

全6燈を長時間点灯したまま走ることはまず無いと思うが 今後ダイナモの発電が追い付けていけるのかが心配になるかと思う。




















alfaromeo giulia 1600 ti   もうすぐ完成。











ワールドビンテージカーズ広島













トラックバック

http://ooigawa2.blog87.fc2.com/tb.php/722-08c0cb5e

 | HOME |