Here I Am

[NewEntry] [Admin]

カレンダー

10 « 2017-11 « 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

記事分類

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

宮ーooigawa2

管理人  [ 宮ーooigawa2 ]

FC2ブログへようこそ!

RSS

広告

FC2Ad

        2017-10-13       1953回目










試運転














ti12.jpg

















2017/10/14現在 まだジュリアは我が家にやって来ていない。

現在ジュリアは板金作業(後述)を続けており来週には完成する見込みである。

すでに だいたいの納車日がわかり始めた段階になっており そろそろ天気予報を見ながら日取りを決めたいと思っている。


ここに記述する内容は今から一ヶ月以上も前のこと 8月の終わりごろのことだと思われる。

画像は今までのも含めて殆どが ワールドビンテージカーズ広島からの提供で 撮影を続けて下さった Hさんには感謝でいっぱいである。


そんな8月の末の頃 ジュリアは走り込み試運転が続けられていた。

エンジンの状況は概ね良好 あとは各所ボルトの増し締めが行われ ドア下のモールの取り外し作業などの板金作業が残されているのみとなった。




















ti13.jpg


















対岸は 厳島神社のある宮島である。

遠くイタリアからやって来たジュリアにこの光景はどの様に映っているのだろうか。

イタリアは 温暖で雨が少ない地中海性気候で 四季の区別がはっきりしていると聞く。

今後出来るだけ日本の各地を走り 四季折々の景色を見せてあげたい。



















ti11.jpg



















とても賑やかになったジュリアの目。

しかしながらイタリア時代から取り付けられている物は内側の2燈 ハイビームのみである。

外側の2燈はライトの反射部分のメッキの劣化が激しく 光量が不足して車検が通らない状況だったので 入手困難な新しいキャレロのライトに交換されている。


また その残っている内側ハイビーム2燈もメッキ部分が怪しく その本来の性能を出せないでいる。

当然交換も考えられたが ジュリアを既に擬人化して見てしまっている自分には その最後の目を奪う事は出来なかった。

ジュリアにはまだまだその残った目で 色んな日本の景色を堪能してもらう。




















ti7.jpg




















交換したものとして このアルファロメオのエンブレムも交換されている。

ジュリアのエンブレムは全て プラスチック製である。

一部に七宝焼きのエンブレムを取り付けている固体もあるが 残念ながらそれはノンオリジナルとなる。

プラの寿命はそう長くはなく 元々イタリア時代に取り付けられていたエンブレムは その例外ではなく 曇りや激しい傷がついていた。

曇りや傷は ある意味長い時代を生きてきた勲章の様なものであり ビンテージカーの場合新しい物に交換すると値打ちが下がる場合がある。

しかしながらプラの劣化は 七宝焼きとは違い少し見苦しいと思い交換することにした。




















alfaromeo giulia 1600 ti   もうすぐ完成。











ワールドビンテージカーズ広島













トラックバック

http://ooigawa2.blog87.fc2.com/tb.php/723-7268b584

 | HOME |