Here I Am

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
  5. 編集

1421回目~ ある鉄好きの視点





運輸省規格型電車






12346-3829.jpg












皆様は 運輸省規格型電車ってご存知でしょうか?


アハハ 自分には似合わん話題ですが 昔は電車に詳しかったとこを たまには証明せんといかんかなと思いまして・・・(笑)





これは戦後の復興期に政府が先導して 私鉄の電車のデザインを統一(標準化)させて作らせたものです。


なぜ統一化させたと言えば 当然ながらコストダウンに繋がり よりスピーディーに生産ペースを上げられるため いわば求められていた政府指導基準でした。


当時は戦災によって鉄道車両がどこも壊滅的な被害を受けており 車両限界や車両規格がそれぞれで違う各私鉄会社の要望をそのまま受けていれば生産が追いつきません。





そこで当時の運輸省は 車体の大きさや窓 ドアの寸法など 車両を構成する構造的な規格基準を予め作っておいて


その規格基準に沿う電鉄会社のみに 新車製造発注を許可していたんですね。


その結果 色んな私鉄でとても良く似た運輸省規格型電車があちこちで走ることになりましたが 戦後復興に寄与されたことは言うまでもありません。






今 被災地では 車が足りませんね。





避難所を自宅から更に遠い場所へ移さなければならない方もいて 車が無い不便さを特に感じてらっしゃる方も多いと聞きます。


国土交通省の方々 どうか運輸省規格型電車のような・・・ 例えば10万円ぐらいで買える車を各自動車メーカーに作らせるようなこと 出来ませんでしょうか?


各社エンジンとシャーシを共通させて 取り外すことの出来る椅子とクーラーとラジオがあればそれでいいと思います。





もはや戦後復興と同じと言われる この度の震災。


偉い方々 どうかお願い致します。












元名鉄3800系 モ3829 ク2829


昭和23年 日本車輌本店で量産された「運輸省規格A’形」と呼ばれる 2扉17メートルの規格型車両で


大井川鐵道へは昭和47年に車体のみ転入し 足回りは大井川鐵道に居た在来車から流用。


鍵穴型と呼ばれるテールランプと 名鉄オリジナルの切り文字ナンバーがとてもいい雰囲気の車両でした。






















  1. 2011/04/23(土) 20:52:51|
  2. 大井川鐵道|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:11
  5. 編集
<<1422回目~ 色感ー唐茶色 | ホーム | 1420回目~ 安全の視野>>

コメント

  1. 2011/04/23(土) 23:46:06 |
  2. URL |
  3. yukinko666 #CU4vqk3E
  4. [ 編集]
宮さん、こんばんは。

大井川鐡道にはこういう電車も走って
いたんですね。
隣の電車もおしゃれな感じでいいですね。

私は写真を始めたのも、
鉄道に興味を持ったのも最近なので
昔の車両の写真は撮ってないです...

機会がありましたら、昔撮られた作品も
見せていただけたらと思ってしまいました。
  1. 2011/04/24(日) 00:59:44 |
  2. URL |
  3. 古川 聖 #-
  4. [ 編集]
フォルクスワーゲンやらトラバントやら、んなこと、ドイツ人にしかできませんが、例のインド車への対抗策として、いっちょうやってみますかな。

鉄道車両の世界では戦後60年を経て再び仕様共通化が図られるようになっています。曰くシリーズ231/233、シリーズキハ120、シリーズEF510云々。
  1. 2011/04/24(日) 20:53:31 |
  2. URL |
  3. ねこ #9enIUaYc
  4. [ 編集]
車がたくさん壊れたのに、車を造る工場も部品不足で稼働できないなんて。。。。
特に公共交通機関が不便な地方では車を失った方は大変でしょうね。

創意工夫、常識にとらわれず、被災地の生活を1日も早く正常化して欲しいものです。
  1. 2011/04/26(火) 00:42:42 |
  2. URL |
  3. NOBUNOBU #-
  4. [ 編集]
こんばんは。

省規格電車、親戚が東急目蒲線沿いだったので、
子供の頃に、よく3700系に乗った記憶があります。


戦時中の車両荒廃、
戦災による車両喪失、
極度の資材不足、
その他、人心の荒廃などなど、
なんでもありの時代の申し子ですが、

一方、現代では、
「経済性」というキーワードで、
たとえば209系とかが、
ガシガシ、スクラップになる時代です…

なんだかんだで、日本は豊かだと思います。

車も、
多分、日本中の中古車の店頭在庫で、
十分な数があるような気がします…

なにか、ちょっと工夫すればいいこと、
沢山あるかもです。
  1. 2011/04/26(火) 13:22:46 |
  2. URL |
  3. NOBUNOBU #-
  4. [ 編集]
コメント連荘ですいません。

今、規格化が有効なのは、
仮設住宅の建設資材じゃないですかね。

そんな風に思います。
  1. 2011/04/28(木) 05:28:09 |
  2. URL |
  3. 宮 #ogz9v/Dw
  4. [ 編集]
皆様 沢山のコメントありがとうございました。

お返事が大変遅れましたことを深くお詫び致します。

ここは少しレスに時間がかかりそうですので 申し訳ありませんがもう暫くお時間をいただけますと助かります。

いつも申し訳ありません。

  1. 2011/05/03(火) 00:15:27 |
  2. URL |
  3. 宮 #ogz9v/Dw
  4. [ 編集]
ゆきんこさん、こんばんは。

もうここのコメント忘れてしまうほど遅いお返事になってしまいましたね。
いつもいつも申し訳ありません。


大井川の古い電車・・・
これは名鉄電車のお古なのですが 椅子はけっこう立派なのが移植されてましてね!
一度だけ乗ったのですが なかなかな乗り心地だった記憶がありますよ!



>私は写真を始めたのも、鉄道に興味を持ったのも最近なので昔の車両の写真は撮ってないです...

いえいえ あの電車を写されていた時点で なかなかベテランの方だと思ってしまいましたよ(笑)


>機会がありましたら、昔撮られた作品も 見せていただけたらと思ってしまいました。

そうですね・・・ありがとうございます。
ただ つまらない写真ばっかですよ!
車両が大好きだった頃でしてね・・・
電車がとても大好きな方には面白いかもしれませんが はてさてここへ来てくださる皆さんには面白いかどうか・・・(笑)
  1. 2011/05/05(木) 06:51:41 |
  2. URL |
  3. 宮 #ogz9v/Dw
  4. [ 編集]
古さぁ~~ん!   ねこさ~~ん  NOBUNOBUさ~~ん  

お は よ ~ ご ざ い ま す ~


あはは 皆さん呆れてしまって もうここ見てないでしょうね ごめんなさい。

気まぐれな性格・・・ 
いや ルーズな性格をしているものですから つい お返事を避けてしまったと言うか すっぽかしてしまいまして・・・
仕事やプライベートの旅行などで忙しかったというのもあるのですが・・・
更新も続けてますし 他の皆さんのお返事は遅れながらも進めてますし 言い訳は出来ませんね!

本当にごめんなさい。
いっぱい お待たせしてしまいまして申し訳ありませんでした。

さて お返事は 古さんからですね!
  1. 2011/05/05(木) 07:16:28 |
  2. URL |
  3. 宮 #ogz9v/Dw
  4. [ 編集]
大変お待たせいたしまして申し訳ありませんでした。

ほんとそうですよね!
やれば出来るはずなんですが・・・
VWの場合はヒトラーの政策で 国民の一家に一台 オートバイよりも安い値段で自家用車を与えようというものでしたが 戦争勃発で軍用車に・・・

でも 今は戦時に近い非常事態ですよね。
各メーカーで同じシャーシの元 同じ車を作っても どれだけ低価格化に繋がるかわかりませんが 何とか国交省指導の下 こう言った非常事態で使える国民車を作ってもらいたいですね。


>鉄道車両の世界では戦後60年を経て再び仕様共通化が図られるようになっています。

なるほど!
最近の鉄道事情に疎い私ですので少し調べてみましたが 今でもそんなことをやってるんですね!
気動車などは何となくわかるのですが 機関車までとは驚きました。


  
  1. 2011/05/05(木) 07:50:15 |
  2. URL |
  3. 宮 #ogz9v/Dw
  4. [ 編集]
おはようございます。
せっかくコメントをいただいたのに これだけお返事が遅れてしまったら洒落になりませんよね。。。

本当にごめんなさい。

先日は 久しぶりにお声を聞けて嬉しかったですよ!
何だか食事中のお電話だったようで・・・
タイミングが悪くて申し訳ありませんでした。
ねこさんとは いつか ゆっくりとお話してみたいと思ってるんですよねぇ~
お電話では 聞き取りにくいときもあって ちゃんとお話出来ません。

さて 

>車がたくさん壊れたのに、車を造る工場も部品不足で稼働できないなんて。。。。

そうですね。
電車のモーターの件でもそうでしたが 東北の工場が稼動できないだけで(←だけ とは語弊がありますが) 日本全体にこれほど影響を与えることになるとは正直思ってもいませんでした。
日本政府としては この教訓を生かして災害に対するリスクの分配を ちゃんとしてもらいたいもんですね。


>特に公共交通機関が不便な地方では車を失った方は大変でしょうね。

そうなんですよ 各避難所で被災者の方がいつでも誰でも使える車を 数台(数十台)共有するだけでも大きく違うと思うんですよね・・・
これからは 被災者の方の貧富の格差がさらに大きくなるかと思われます。

お金のある人は 車も家も比較的早く手に入れることが可能ですが それ以外の方々は これまたかなり長い期間に渡って 避難生活を続けなければなりません。

そう言った途方に暮れてる方々に どのレベルでどの程度の支援を政府ができるかが はっきり見えて来ないんですよね。

住む場所の問題もそうですが 仕事が無くなった不安はもっと辛いと思います。

こんな場合 国が被災者全員を雇用し 復興にむける人材として活用し 政府が先頭に立ってある意味 社会主義的なことをやってもいいと思うんですけどね・・・

とにかく 稼げる職場が無い不安は 私のような零細の自営業者にとって とてもわかるような気がします。 


  1. 2011/05/05(木) 13:37:01 |
  2. URL |
  3. 宮 #ogz9v/Dw
  4. [ 編集]
こんにちは!
思いつきで書いた 詰まらない記事に対して2つも真剣にコメントを下さいましたのに お返事が大変遅れまして申し訳ありませんでした。

いつか ちゃんと書こう 書こう と思いながら これは じっくりとお返事しなければならないコメントだと思い つい後回しにして これほどまでの時間を経てしまいまして・・・

ホントにごめんなさい。
反省しております。


>省規格電車、子供の頃に、よく3700系に乗った記憶があります。

うわぁ・・・ 緑の電車 羨ましいなぁ・・・

私は赤に塗られてから・・・ そう名鉄に譲渡されてから乗りましたよ!
1M2Tの力強いモーターで ガクンと揺れる強い引き出しが 始めて乗ったときの印象として残っています。

同じく弘南鉄道で乗った 戦災国電復旧車の3600系も2M1Tで同じような乗り心地だたような(笑)
ただ歯車比が小さく 高速域の車両だったから ただ運転の仕方によるものかもしれませんね。

あの辺りの車両は趣味的に見てとても面白いですね!
上田交通でも写す機会がありましたが 確か平日運用だったのか乗ることが出来ず写真のみ!

荒廃した時代に 日本人がいかに努力したかがわかる車両達だけに 一両一両の個性は凄まじささえ感じるものがありました。

あの時代は 当然戦争と言う有事でしたから 日本全土が同じベクトルで復興に向けて立ち向かいました。
今回は規模が大きいのに 残念ながら地域差による温度差を感じます。

でも これからの日本 どうなるんでしょうね・・・
不景気に加えて 更なる物価高騰 増税・・・ 
嗚呼 鬱になる・・・(笑)


>一方、現代では、「経済性」というキーワードで、たとえば209系とかが、ガシガシ、スクラップになる時代です…

う~ん 209系なる車両がわからないので調べてみました。
えええええええ こんなに新しい車両が廃車になってるんですか!!!!!

私は国鉄の飯田線の旧型国電を追い出した119系以降の車両を さっぱり覚える気がなくて それで最近のことがさっぱり判らないのですが 関西ではまだ103系 201系が まだまだ元気に走ってますよ!

経済性・・・ですか。。。

国鉄時代にはあり得なかったな・・・
63の足回り使って アコモ改造車が全国を走り回ってたのが嘘のようですね。


>なんだかんだで、日本は豊かだと思います。

そうですね!
豊かな国になったんです。
ただ国民一人一人の実感としては 豊かになったとは少しニュアンスが違っていて・・・ 例えばアメリカ人のように ある程度働いていれば いい家に住めて 休暇も楽しめて そんな感じとは少し程遠くて・・・

贅沢なのかなぁ・・・


>車も多分、日本中の中古車の店頭在庫で、十分な数があるような気がします…

そうですねぇ
被災者に必要な車を 今 十分に行き渡せるには 中古車っていう手もありそうですね!
とにかく迅速さが望まれます。

って言っても すでに かなり遅いのですが・・・


>なにか、ちょっと工夫すればいいこと沢山あるかもです。

はい いっぱいあるでしょうね!
復興建材にしてもそうですよね!

被災者にとって 必要なものと時期は 刻々と変わりますよね。
最初は とにかく雨露をしのげる避難所 次はプライバシーが保たれるテント その次は簡易住宅 そして安心して住める最終的な住居。
この移り変わっていくプランニングが まだはっきりと政府は打ち出せていません。
阪神淡路大震災の教訓が どこにも活かされていないんですよ・・・

まぁ 今回の災害は未曾有の事態であることはわかります。
永住できる場所を元の土地に戻すのか 絶対安全な場所に作るのか それより放射能の影響はどうなるのか それすらわからないですもの・・・

そこが凄く辛い。
そう思うんです。




コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ooigawa2.blog87.fc2.com/tb.php/99-8f829407
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。