Here I Am

[NewEntry] [Admin]

カレンダー

01 « 2018-02 « 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

記事分類

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

宮ーooigawa2

管理人  [ 宮ーooigawa2 ]

FC2ブログへようこそ!

RSS

広告

FC2Ad

        2018-01-03       1965回目










3センチの休日。














gDSC_9622giulia.jpg






イタリアの古い車には2つの特徴がある。



1つは 雨に濡れれば角砂糖の様に溶けてしまう車体。

そしてもう1つは 運転すれば即 楽しい事。



仮に2つ目の特徴に価値を見いだしたとする。

しかしながら その実現が難しいのは 残念なその1つ目の特徴のせいによる。




自分の車の場合 今のところ溶けずに残った貴重な車体を見つけられたと思っている。

お粗末だけど 自分の腕でも真の FUN TO DRIVEの意味を味わえている様に感じている。




もちろん今の車の流れに合わすのにさえ 50歳を超えたこの車には精一杯の性能になる。

しかしながら 車がドライバーの気持ちに素直に応じて走ってくれているように感じられるのだ。


加速も最高速度も正直言えば もどかしい。


それでも 車が本気を出して性能以上の闘いを見せてくれているように感じてしまうから不思議なのだ。


運転していて楽しく感じられるか否かは 一言で言えば 多分そこにあるのかと思う。

車を操っている事を実感出来るから楽しいのだ。
































人を乗せない鉄道の横













        2017-11-25       1964回目










波の音 風の音 時々雨の音。














DSC_9534a.jpg





































時雨空の琵琶湖 湖畔にて













        2017-11-24       1963回目










黙って そっと 眺めている。














DSC_9565a.jpg

























祝日の朝に仕事を終え 急に思い立って出かけた今回の琵琶湖ドライブ、、、。

幹線道路から少し中に入って偶然見つけた最高のロケーションで車を撮影する。

冷たい時雨が時折降る中 雨を嫌うジュリアには良くなかったが あらためて運転の楽しさを確かめられた結果になったと思う。





古い車は五感を研ぎ澄ませて運転しなければならない。

サスペンションに電子制御も無く ブレーキにもABSがついておらず 気圧や気温に影響を受けやすいキャブレターが気儘にエンジンを動かしている。

異音に対して常に神経を配らなければならないし バッテリーへの充電に配慮した走り方をしなければならないし それを怠れば後々痛い目に遭う事も起こり得る。


それでも運転が楽しいのは やはり運転している実感を 常に掴めるからなのだと思う。


趣味車ジュリアにとって走行は 手段では無く 目的なのである。

走れば即 幸せで贅沢な時間を過ごすことができるのだ。




















時雨空の琵琶湖 湖畔にて













        2017-11-20       1962回目










朱の道にて。














DSC_9369ti.jpg












































DSC_9375ti.jpg












































近くの神社













        2017-11-19       1961回目










それもあって 海。














DSC_9385b.jpg










































DSC_9418b.jpg











































近くの海













        2017-11-18       1960回目










アナログのガソリンで走っている。














IMG_32552.jpg






















もし自動車と人間が強い絆を結びたいと思うのなら、、、

車に人間らしさが必要だ。


人間らしさとは 多少の欠点があって然るべきであり、、、

ジュリアにはその欠点が存在する。


その幾つかの欠点と人間が仲良く付き合えたとき、、、

車との関係は擬人化するほど深くなる。


































アジトにて。













        2017-11-12       1959回目










空の下 海の横。














DSC_9300mki2.jpg









































DSC_9304k2.jpg










































DSC_9339k2.jpg















































近くの海 自分達と同世代の港湾施設
(自分 昭和40年 / ジュリア 昭和41年 / クレーン 昭和42年 生まれ)













        2017-11-05       1958回目










少し走って少し眠る。














DSC_9260曽爾高原2








































DSC_9240曽爾高原2









































1DSC_9234曽爾高原2














































曽爾高原













        2017-11-03      





ジュリアは 10/25水曜日に無事納車された。
もう一週間以上も前になるが 雨の日以外は ほぼ毎晩走りに出かけている。^_^

自分は なかなか休みが取れず 取れたとしても2カ月に1日あるかないか、、、
更に仕事の拘束時間は長く 家に帰って寝れる時間は一瞬と言えるほど短い。

そんな貴重な睡眠時間を もっと貴重に思える時間で過ごしている。

眠くて眠くてたまらないけど 爆発するほど楽しくて嬉しくて刺激的な毎日になっている。

ブログにアップする時間が勿体無い(笑)

今夜も暴走族の様に走りに行こう!

        2017-10-24       1957回目










完成














IMG_3110 - コピー







































IMG_3111 - コピー








































IMG_3113 - コピー







































IMG_3114 - コピー







































IMG_3116 - コピー







































IMG_3117 - コピー


































20171021033525972.png




↑現在ジュリアは 新型ジュリア発売開始に合わせて ワールドビンテージカーズ広島にて展示中。


ジュリア納車は明日。(^_^)







ワールドビンテージカーズ広島













古い記事  | HOME |  新しい記事